函館桜めぐり

  • 2019.05.03 Friday
  • 06:14
函館初日は、残念ながらどんよりした曇り空でしたが、夜が明けるとピーカンに晴れていました。習慣的に早くに目が覚めてしまうので、早速家の近くを散歩することに。最近こんないい時期に泊まったことがなく、久しぶりの元町散策となりました。場所は大三坂を下りたところにあり、店として使っている建物は明治末期建築と言われる伝統的建造物で、ちょうど外装の塗り替え等補修したばかり。まぶしいほどの真っ白さでした。
第3坂

そのまま坂を登っていくと、まもなくカトリック教会が。観光客とおぼしき外人さんが、この寒さの中でも半袖短パン姿で熱心に解説板を眺めておりました。この裏にはかみさんの母校である白百合学園がかつてあったので、登校には数分で行けたとか。
カトリック教会

その上のハリストス正教会も、久しぶりにじっくりと境内を眺めることができました。この時間なので中には入れなかったけれど、昔感激したキリの大木まだ残っているのにびっくり。ケヤキの大木など、歴史を感じさせるものばかりでした。
ガンガン寺

元町公園の方に歩いて行くと、八幡坂のてっぺんから摩周丸の姿が。ここのシーンはよく観光案内に使われるアングルです。前日入港したクルーズ船は、世界最大級の16万トン級のため、ここには停泊できずに北埠頭に着岸していましたが、この日はすぐ隣ににっぽん丸が入港し、さすが観光シーズンの賑わい振りでした。
八万坂

天気予報では午後から小雨になっていたので、早めに長男一家と市内の桜めぐりを。市電の一日乗車券を買ってまず向かったのは柏木町の桜ヶ丘通。ここは、道の両側にソメイヨシノを植えたものが桜のトンネルを作っていて、この時期だけは人気のスポットになっています。以前葉っぱの時期に通ったことがあったけれど、以前より強めの剪定がされて、ちょうどトンネルを作る枝だけを残しているようでした。歩行者天国ではないので、ひっきりなしに車が通るのが危険だけれど、なかなか見応えがありました。
桜ヶ丘通

そこから歩いて五稜郭公園へ。ネットで調べると待ち時間がどんどん増えていくので、途中のコンビニで前売り券を購入して列に並び、約30分でタワーに登ることが出来ました。これで15分は倹約できたでしょう。私も新しくなってからは初めてのタワーだったので、観光パンフレットそのものの姿に感激。みんなこのアングルにこだわるので、激混み状態でした。
五稜郭

タワーから降りてくると、もう小雨がぱらつき始めてきて、予報と全然違うじゃない〜(>_<)
急いで城内を一回りしてきましたが、残念ながらじっくりと見ることができませんでした。貸しボート屋の屋根が派手な真っ赤に塗られていたけれど、上から見てもこれはひどいと憤慨。ちゃんと指導してくれないと困ります!!
五稜郭

歩き疲れて寝てしまった孫2号を交替で抱っこしながら、五稜郭の電停までたどり着き、ちょうど昼なのでどこで食べようか?とかみさんに聞いたら、久しぶりに「小いけ」のカレーが食べたいというので、十字街まで電車に乗ってたどり着くと、ちょうど座ることができました。もちろん奥にある方の店です。超辛いカレーが、冷え切った体を暖めてくれてホッと一息。
小いけのカレー

孫はぐっすり寝たまま起きないので、そのまま打ち切りにして家に帰り、雨が上がったので私たちは桜めぐりを続けることにしました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM