一気に花盛りに

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 05:52
連日の現場でよれよれになってしまいましたが、なんとか乗り切ってようやく一息。鼻のグズグズがなかなか治らないのは、それだけ免疫力が落ちているからなのでしょう…(>_<)

朝から山のように溜まっている内業をこなしていきましたが、これも連休まで持ち越しそう。久しぶりに「おか田」に行こうとチャリで出かけたら、すぐ近くにある幼稚園の陽だまりで、早くもチューリップが咲いていました。決して早生ではないトライアンフ系がもう咲いているのは、南面しているコンクリート壁の輻射熱のお陰です。
チューリップ

その並びのお宅の前で、色とりどりのヒヤシンスが咲き誇っていました。植えっぱなしの貧相なヒヤシンスはよく見るけれど、これはまだ植えて間もないのかなぁ?花数の多い立派な花を咲かせていました。
ヒヤシンス

たまたま気まぐれに方向を変えて走っていたら、おおっ!っと急停車。ブロック塀と建物のわずかなすき間に、エゾヤマザクラが鳥の糞に紛れてタネを落としたものでしょう。5mくらいの立派な木に、花がたくさん咲いているではありませんか。西向きとはいえ、隣が駐車場のために、午後からはしっかりと陽を浴びることができるので、こんなに早く咲き出したようです。
すき間サクラ

桜前線はいよいよ松前に上陸との報道があったけれど、先日の予報で札幌は5月1日とか、4月28日とかになっていた開花が、大きく早まっているのでしょうか…
サクラの開花

うどんを食べてさっそく、管区気象台の標本木を見に行きました。するともうつぼみが割れて、ひょっとしたら明日には咲くのかな?というくらいふくらんでいました。札幌までは、開花宣言を出す標本木がソメイヨシノのため、エゾヤマザクラより2日くらい遅くなるのですが、この分であれば今日中か、数日以内に開花宣言が出そうです。
標本木

そのまままっすぐ事務所に向かって行くと、日当たりのいい庭に植えられているハクモクレンが満開に。レンギョウとの組み合わせは、庭木では鉄板のコンビです。
ハクモクレン

その隣の事務所ビルの庭では、なんとウメの花が開いていました。陽だまりだから少し早く咲いたのでしょうが、札幌ではサクラより遅く咲くウメがもう咲いているなんて。今年の花暦は、なんだか慌ただしくなっているようです。
梅

その足元にあるヂンチョウゲが、痛々しくシバレてしまった葉の中に、弱々しい花を咲かせていました。鼻が全く利かないので香りを楽しめませんでしたが、北国では本州のようには香り高くないのが残念ですが。
ヂンチョウゲ

毎年のことながら、春の花をじっくり楽しむ余裕がないのが寂しいです。でも目に止まった花だけでも、しっかり味わっていきたいです〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM