北大総合博物館

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 05:50
昨日はこの春初めてのしっかりした雨になり、冬の汚れもようやくきれいになったことでしょう。気温もぐんと上がるようなので、一斉に春めいてきそうです。それにしても昼過ぎの雨はすごかった。打合せがあったので出かけようとしたら、雷がピカピカ光るわ、あられ混じりの強い雨が車の屋根を叩くわで、しばらく外に出るのをためらってしまいました。

打合せの場所は北大の総合博物館。月曜日は休館なので北側の通用口から入ると、こんなところにも展示があったんだと、初めて気付きました。昔使っていた機材などがずらりと展示されていたのです。16mmの映写機なんてこんな重たいものを担いでいたのですね。隣にはアネロイド気圧計もありました。ここは一度、時間をかけてじっくりと見て歩きたくなりました。
博物館展示

パンフレットコーナーをチェックすると、5月10日の「地質の日」協賛の「失われた川を尋ねて『水の都』札幌」という展示が企画されていました。(期間は4月27日〜6月16日)2月に中央図書館でやられたパネル展示と同じテーマだけど、まさか全く同じではないでしょうね?もう少し詳しい展示が見られることを期待したいです。なぜ松浦武四郎が本府の位置をここに定めたのか、その時の札幌はどんな場所で、アイヌの人達がどんな生活をしていたのか、まだまだよく分かっていないことがたくさんあるのです。地形地質の専門家から見たこれらのアプローチは、目からぽろぽろうろこが落ちる思いだったのです。
表

この展示では、市民セミナーが2回、市民地質巡検が一度企画されています。町中の散歩には行きたかったけれど、予定が入っているので残念。詳しい方と一緒に歩くのが一番楽しいですからねぇ。(セミナーは申し込み不要ですが、巡検は必要なのでご注意を)
裏

セミナーの1回目は、ちょうど午前中に学生実習があるので、まさにぴったり。いろいろ謎の多い「コトニ川」がようやくすっきりできそうで楽しみです。
セミナー

この期間の北大構内は、新緑に包まれてあちこちに花も咲いており、散策するには絶好の季節です。是非この展示も含めて、博物館の隅々も探索していただきたいです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM