思い出の品

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 05:43
春分の日が近くなり、日の出がどんどん早くなっていきます。昨日の札幌の日の出は5時43分だけど、我が家は山の陰になるので、50分過ぎに山の鞍部から日が昇ってきました。これからどんどん太陽が北に寄っていき、神社山を越えるので、しばらく日の出は足踏みしてしまいます。夏至の頃になると山より左に出てくるので、3時台にはピーカンになってくるのです。
日の出

日曜日に、捜し物をしにロフトに上ってあれこれ引っかき回しているうちに、禁断の宝箱まで引っ張り出してしまいました。お菓子のブリキ箱に、子どもの頃からの宝物がぎっしり詰まっているのです。もう忘れてしまったものもあるけれど、妙にはっきり拾った時のことを覚えている石ころまで入っているので、あまり開けたくなかったのですが…。その中ではわりとオーソドックスなものが、東京オリンピックの記念メダル。親父がセットをいくつか買って、私たちに一つずつくれたのです。オリンピックは小学6年生の時で、この時からカラーテレビになったことから、いろんな試合を色付きではっきり覚えています。
オリンピックメダル

これは 1970.4.8 と彫り込まれている壁飾りで、ちょうど高校3年になったばかりです。松山市内まで二駅を汽車通をしていたので、毎日SLに引かれた長い客車に乗って通っていました。次の駅で高校2校分がどっと降りるので、私たちが乗る時が一番混んでいて、毎度デッキにぶら下がりながら乗っていました。多分その時に、ペンキが剥がれていたのをベキッと折ってきたのでしょう。当時はSLオタクだったので、牽引していたC58(しごはち)の横顔をカリカリと彫り込んだものです。
客車のペンキ

これはなんだ?としばらく分からなかったけれど、裏を見てあらら!浪人して予備校に通っていた福岡では、昼飯をすうどん一杯ですませ、100円で入れる2軍戦によく通っていました。予備校から平和台までは、十分くらいで行けたのです。小さい時からずっと西鉄ファンだったので、予備校を福岡にしたのはこのためでした。これは、その平和台球場の座席のプレートです。記憶にはありませんが、多分取れかかっていたのがあったのでしょう。もうかなり古くなっていましたから。
平和台のプレート

1軍戦は2回くらいしか行ってなくて、これはダブルヘッダーだからかなりの長丁場。下宿の仲間と一緒に、ナイターまでたっぷり楽しんできました。450円は当時としては大枚をはたいた金額でしたが、それでも安かったのですねぇ。
入場券

このメダルは、大学に入った年の10月14日が鉄道百年だったので、札幌駅で並んで買ったもの。金貨とかも出ていたようですが、貧乏学生に買えるはずもなく、これで十分でした。でも千円くらいしたのかなぁ… このほかに記念切符とかもいろいろ買っています。
鉄道100年

これをやり始めるときりがないし、自己満足の最たるものですが、こうして振り返ってみると懐かしいものばかりだなぁ…(^^;)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM