社内研修会

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 05:42
今朝もうっすらみぞれが積もってましたが、中央区土木センターの積雪深は昨日朝で1cm、多分今日中に積雪0cmになってしまうでしょう。管区気象台は14cmなので、このままいけば来週にはなくなりそうなので、新記録になるのではないでしょうか。

日頃つきあいの多いY造園から、社内研修をやりたいのでぜひ講師を引き受けてほしいと頼まれたので、昨日の午前中にやってきました。昨年新社屋になったばかりで、玄関ホールに植えられているベンジャミンなども、すっかり落ち着いて元気に新芽を伸ばしていました。
ベンジャミン

壁面緑化のカセットもそれぞれ大きくなり、すき間が埋まってきて元気に育っています。このくらいの照度でも十分生育可能なようです。
壁面緑化

新社屋には、グループの研修機能も入っているため、7〜80人規模の講義室がありました。社員や現場職員など60名もの人が集まっているのにびっくり。社長以下熱心に聴き入っていたので、緊張しながら2つの話題についてお話しさせていただきました。
研修会

パワーポイントを作りながら、若い時からずっとご縁があったことに改めて気がつきました。豊平公園の管理もやっていたので、緑のセンター時代には常駐していたOさんにはいろいろと教えられたし、植木屋時代に百合が原公園の日本庭園を造った時、この会社とJVを組んで現場に入ったけれど、当時の私は入社2年目で要領を得ないままうろうろしていたため、何度現場代人のMさんにどやされたことか。この写真は、数年前に会社を片付けていて出てきたと、前の会社から送られてきたもの。工事現場なのにヘルメットを被っていないのですから、どやされるはずです…(^^;)
百合が原公園

コンサルに移ってからは、96年に滝野公園で行われた「みどりの愛護の集い」の会場整備では、Y造園とY種苗の二社が全力で当たってくれたので、式の前日にようやく完成するという離れ業を成し遂げることができました。このとき雅子様が、会場を大変気に入っていただいたお陰で、その後カントリーガーデンの造成をすべて任せられることになったものです。
滝野公園

北3条広場の整備では、なんと100年近く前に、この会社の初代がこのイチョウを植えたことを今回初めて知りました。そのイチョウの保全が最大のテーマであったことから、こんなところで恩返しができたというのも不思議なご縁です。イチョウの枝が落下しないよう、思い切って枝の整理をやった時に、高所作業車を自在に操ってどんどんやってくれたのもこの会社の職人たちでした。
北3条広場

私がやって来た成果は、このようにたくさんの人の力があったからこその結果でもあります。こうやって恩返しをやっていくことも、これからは大切なことだと改めて感じました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM