緑のセンター

  • 2019.03.11 Monday
  • 05:35
豊平公園緑のセンターがオープンしたのは、1979年3月3日です。昨年発掘されたその年の日記を改めてめくってみると、10日は私の記憶間違いで、正しくは3日でした。改めて訂正させていただきます…m(__)m

入り口には、昨日紹介したシダレザクラやツバキ、アマリリス、アザレアなどが賑やかに咲いていました。そんな中に、地味ながら個性的な花を咲かせているツバキが。こんな花だから渋い名前かなとラベルを見ると、‘ナイトライダー’というぶっ飛んだ名前が…ちょっと違うと思いますが。
ツバキ

特に企画展示が行われていなかったけれど、アザレアの鉢物が寄せられて、暖かい色調の固まりを作っていました。
アザレア

その中にあれっ?と思わせる花が。アザレアの花冠は、筒状になっている合弁花の典型的な形をしているのに、切れ込みが付け根まで入り、まるで離弁花のような花でした。‘ももか’というかわいい名前のアザレアです。
ももか

アザレアは日本人好みの色合いが多く、白いものを見飽きた北国の人達には、特にこの時期にはホッとさせられます。
チャチャ

少し早く行って、二階のベンチでお昼を食べていたら、なんか背後に気配を感じるので振り返ってみたら、思わずビクッとしてしまいました。いつからこんなところにシカの頭が置かれていたのでしょう。どこに移動しても目がこちらを向くので気味悪いです…(>_<)
剥製

いろんな観葉ものが置かれているので、ラベルを見ながら記憶をたどっていくと、これはいつからシェフレラ(Schefflera elegantissima)になったの?ホンコンカポックの仲間だって!私の記憶ではディジゴセカ(Dizygotheca elegantissima)だったのに…と思って、帰ってから調べて見たら、なんと今はプレランドラ(Plerandra elegantissima)になっておりました、うーーん。通称「モミジバアラレア」のほうが通りがいいし、学名に振り回されなくて済むようです。
チャチャ

これも昔はクテナンテ・オッペンハイミアナ‘クアドリカラー’(Ctenanthe oppenheimiana ‘Quadricolor’)だったのに、今はストロマンテ・サングィネア‘トリオスター’(Stromanthe sanguinea “Triostar”)だって! どう見ても同じものだけど、違う品種なのかなぁ…? もうこの歳になると、新しく覚え直すのが至難の業なので、こういうものはスルーするしかありませんねぇ…(^^;)
クテナンテ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM