名古屋へ

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 05:47
最初の目的地は名古屋なので、飛行機は中部国際空港に向かいました。ここから帰ったことはあったけれど、向かったのは初めてでした。新潟から長野を抜けていくと、真下に諏訪湖が。かつては毎年御神(おみ)渡りがあるほど寒かったけれど、凍らない年もかなりあるようです。諏訪湖というと、近くに住んでいた柳生真吾さんがよく来ていたところ。ちょっと思い出してしまいました。
諏訪湖

空港から名古屋までは名鉄の電車で移動。ちょうどミュースカイという特急があったので、それでいくことにしました。この列車専用のホームがあり、ホームドアと言っても天井まで覆ってしまうほどのガッチリした造りで、電車の姿を写すことができません。これじゃ撮り鉄にはかわいそうかも。
ミュースカイ

ミュースカイは,名古屋まで30数分で行くけれど、座席指定特急券が360円もかかります。これはちょっと取りすぎかと。
チケット

待ち合わせに時間があったので、久屋大通公園を散歩することに。テレビ塔が立っているので、札幌の大通公園とよく比較されるけれど、造りはかなり違います。内藤多仲(たちゅう)が短期間に次々と造った5本のタワー(名古屋、通天閣、別府、札幌、東京)の長男で、創建時の銀鉄色を頑なに守っています。
テレビ塔

これまで何度も来ていたけれど、落葉期に来たのは初めてで、両側に植えられているのがほとんどクスノキであるのに初めて気がつきました。冬の常緑樹はよく目立ちます。だから薄暗く感じていたのですね。
クスノキ

札幌の大通公園と違って、花壇がある訳でもなし、なんか殺風景で歩いている人もベンチに座っている人もほとんどおりません。どでかいモニュメントや地下街の排気棟が立ち並ぶばかりで、実につまらない空間となっているのです。
モニュメント

公園の南端は、都市高速道路のある若宮大通で区切られています。戦後の大改造で造られた100m道路の一つで、車がビュンビュンすっ飛ばした走っています。モニュメントやその回りにパンジーが植えられ、小綺麗にされているけれど、何かしっくり来ないのは芝生が真っ黄色になっているせいでしょうか。冬には枯れてしまう日本芝は、やっぱりもの足りません。常緑の西洋芝のありがたみを感じてしまいます。
パンジー

この通りの街路樹はトウカエデでした。これが無剪定で伸びやかに枝を伸ばしているのです。台風がよく来る地域でも、こんなにがんばって維持されているなんて、本当にうらやましくなってしまいました。
トウカエデ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM