庭園・美術館巡り

  • 2019.02.23 Saturday
  • 05:54
庭園美術館のスライドを探していて、一緒にあちこちの庭園や美術館にも行っていたのに気付きました。87年9月24日には日本民藝館、26日には古河庭園と世田谷美術館、そして27日に庭園美術館と続いていたのです。25日が抜けているし、まだ探せばでてきそうですが、なんでこんなに東京をほっつき歩いていたんだろう??としばし考えていて、ようやく思い出しました。確か9月20日くらいで前の植木屋を辞め、10月1日から建設コンサルタントに出社するので、わがままを言って旅に出たのです。幼子二人をかみさんに託し、友達の家を渡り歩いて、ずいぶんと呑気な旅をしていたのですね…(^^;) 本当に感謝です〜

このころアールヌーボーやアールデコに凝っていたけれど、同時に民芸にも強い関心があり、京都の河井寛次郎記念館に半日近くいたこともありました。民芸館は駒場の住宅地の中にあり、もう一度行って見たいと思いながら、なかなか再訪できないでいます。
日本民藝館1

ここには、河井の作品に合わせて濱田庄司や柳宗悦が集めた様々な民藝品が置かれていて。なかなか見切れないボリュウムだったかと。
日本民藝館2

26日には、前日から高校時代の友人宅に泊まって、歩いて世田谷美術館に行った記憶があります。後ろに見えるゴミ焼却場の煙突は、今は素敵な色に塗り替えられましたが、東京ゴミ戦争の結果、区内に焼却場を造らざるを得なくなり、この後ろに建設されたものでした。
世田谷美術館1

ここでは、なんとディヴィッドナッシュの展覧会が開催されていて、ものすごく興奮したことを思い出しました。その3年前に新婚旅行で福岡に行った時に、たまたまナッシュの展覧会を見て感動していたのです。ちゃんと記録も残っていました。
世田谷美術館3

その日は北区にある古河庭園にも行ってます。ここはもともと陸奥宗光の屋敷として造られ、息子が古河家の養子に迎えられたので、古河家の邸宅になったものです。武蔵野台地の端っこになるので、地形差が大きく、なかなか面白い庭園です。石造りの屋敷の中の記憶はなかったなぁ。
古河庭園1

ちょうどお彼岸過ぎなので、ヒガンバナがたくさん咲いていました。なかなかこの季節に本州に行かないので、しばらくヒガンバナも見ていないです。
古河庭園2

ここは和洋双方の庭園があり、どちらも完成度の高いものでした。庭園美術館とここは、戦前の邸宅の雰囲気をそのまま残している、貴重な遺構と言えるでしょう。
古河庭園3

この時には、原美術館や新宿御苑にも行ってたはずなので、どこかにスライドが埋もれていることでしょう。これだけ回れたのも、35歳の若さがあったからでしょうが、貴重な経験をしたものだと思いました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM