余市の燻製屋

  • 2019.02.21 Thursday
  • 05:46
日曜には、せっかくみんなで集まったので、余市の港町にある店まで食べに行きました。子供たちが同じ保育園に通っているのだそう。以前から気になっていたのだけれど、ランチしかやっていないので、夏場はとても行けなかったのです。
玄関

店の名前は『燻香廊』なので、「くんこうろう」と読むのかと思いきや、「けむかろう」でした。なんでも燻(いぶ)しているので、さぞやけむたかろう〜ということなんでしょうか。
  燻香廊

建物は鰊番屋を移築したものだそうで、それこそ囲炉裏から立ち上る煙に燻されて、なにもかもが黒光りしていました。予約していなければ、なかなか入れない超人気店なんだそう。
内部

せっかくなのでいろいろと違うものを注文しようと、これは一番値段の高かった(1.680円)「スモークビーフの赤ワイン煮」で、それほど煙臭くはないけれど、肉の旨みが増幅されているように感じました。肉はどれもそうですが、ほろほろと崩れるくらいしっかり煮込まれていて、孫たちも喜んで食べていました。
スモークビーフの赤ワイン煮

一番ボリュウムがあったのが「スモークポトフ」で、野菜も燻製にされていて、チキンやベーコン、ソーセージなど、とってもお得感がありました。これで1,260円です〜
スモークポトフ

私は豆がたっぷり入っているので、「スモークチキンとベーコンのカスレ」を。チキンも肉がはらはらとはずれるくらい煮込まれていて、とっても美味しかったです。これは1.360円でした。あともう一つ、スモークサーモンのきの子クリーム煮もありましたが、写真撮しておりませんでした。
スモークチキンのカスレ

もったいないので、パンでしっかりと拭き取りながら食べていたら、食べ終わった頃にはお皿がこんなにきれいに。あとでシェフから感謝されてしまいました〜(^^;)
完食

食べ終わってから、隣にある燻製屋の方に行きましたが、昼過ぎになるとかなり売り切れてしまうそう。南保留太郎(なんぽ とめたろう)さんが始めたようで、長男が燻製屋、次男がレストランをやっているそうです。魚介類はともかくも、豆腐や枝豆、くるみなど、なんでも燻製になっているのには驚きでした。裏に大きな燻製小屋があり、一年中なにかいぶしているので、あたりに煙臭さが漂っています。一見の価値のある店でした〜
燻製屋
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM