コウヤマキ

  • 2019.01.20 Sunday
  • 05:52
寒波が通り抜け、また青空が戻って来ました。気温はマイナスでも、日差しがあると道路はベチャベチャになり、夜になると凍ってしまいます。冬至から一月経つと、少しずつ日差しが強くなっていくのでしょうか。

お昼を食べに歩いていると、マンションの庭にコウヤマキが立っているのに気付きました。やはり落葉期でないと、なかなか気付かないものです。ここは大きなお屋敷の跡にマンションが建ち、南側の庭木がそのまま残されています。東の角にあるコウヤマキは、勢いはあまりないけれど、そこそこ大きく育っていました。
コウヤマキ

コウヤマキ(Sciadopitys verticillata)は、コウヤマキ科の1属1種の樹木で、福島以南の日本各地と、韓国の済州島にのみ自生があります。数百万年前には世界各地に自生していたようですが、すべて絶滅してしまったとのこと。なんで日本に残ったのでしょうか。高野山に多いのでこの名がありますが、非常に腐りにくいので、昔はお棺を作るのに用いられたそうです。英名は koyamaki か Japanese umbrella-pine だそうで、スキアドピティスという属名は「日傘のような もみの木」という意味で、種名は「輪生葉の」ですから、まさにその姿そのものという訳です。

  図版
  (Wikiより拝借…m(__)m)

札幌だとあまり生育がよくないのは、やはり寒すぎるのでしょう。赤れんが庁舎前にも大きな木がありますが、札幌だと葉がスカスカで、締まった樹形になりません。暖かい道南の伊達や八雲では、かなり立派な木を見たことがあります。今まで見たので最大のものは、八雲町の公民館の中庭にあったもので、姿も素晴らしく、どっしりと育っていました。
八雲

コウヤマキの葉は、色艶がよく柔らかいので、あまり針葉樹という感じがしません。本来は松葉のように2枚の葉があるのに、合着して1枚になっているのだそう。
葉

裸子植物なので、やはり松笠を作りますが、タネまで確認したことはありません。マツのように羽根が付いて飛んでいくのでしょうか。
松笠

秋篠宮家の悠仁親王のお印になった時に、一時ブームになって苗木が飛ぶように売れたので、そのうち町のあちこちに、ひょろひょろとコウヤマキが育ってくるのかもしれません。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM