シバザクラ

  • 2019.01.19 Saturday
  • 05:47
北国のグラウンドカバープランツ その5  シバザクラ

北海道では、グラウンドカバープランツで一番早く脚光を浴びたのが、多分シバザクラではないでしょうか?家や畑のちょっとした法面に植えられていたものが、ここ滝上(たきのうえ)では、約60年も前から少しずつ拡大を続け、今では総面積10万平米になっているとか。私は開花の時期に行ったことがないのですが、町中に香りが漂うのだそうです。
滝上

道内では、東藻琴や遠軽、留寿都など、大規模な植栽があちこち見られます。でも開花期以外の時期には、誰も訪れる人はいないので、こういう修景は維持するのが大変でしょう。といっても、検索をかけてみると全国にシバザクラの名所がたくさんあるのにビックリ。シバザクラは、本来アメリカ中部の山地に自生する植物なので、高温多湿環境下では蒸れやすいと思うのですが。このような植栽景観は、わが国独特のものでしょうねぇ
東藻琴

グラウンドカバープランツの範疇では、このように身近なところで法面を押さえているものが本来の使い方でしょう。春に車を走らせていると、おおっと思うほど素晴らしいところはたくさんあります。ニセコや木古内など、普通の農家さんなのに、観光バスが行くところもあるようです。
法面

でも花の色がこのようにどぎついと、ちょっと引いてしまいます。これは町内のバス停裏にある、街区公園の擁壁ブロックに植えられたもの。このような使い方は勘弁してほしいです。
擁壁ブロック

オーダーかける時には、ピンクとか白で頼んでいると、どんなピンクだか分かりません。専門業者だと、品種指定して、きちんと色を合わせられるようにしているところもあるようですが、せいぜいこのくらいの淡い色を基調にしてほしいものです。
淡い紫

自宅には、覆輪品種の‘多摩の流れ’だけ少し植えているけれど、道端なので時々むしり取られることがあります。でも株が更新できるし、これが広まるのならよしとしていますが。
多摩の流れ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM