冬の晴れ間

  • 2019.01.17 Thursday
  • 05:44
天気予報では、どんな天気になるのかと思ったら、宗谷方面は大荒れだったようですが、札幌は何ごともなく穏やかな朝を迎えました。

昨日は朝から日差しがまぶしいようだけど、事務所前のマンション工事が5階くらいまで上がってきたので、窓の外は仮囲いの壁に塞がれたまんまです。上を覗いても空さえ見ることができず、ここからは晴れているんだかさっぱり分からなくなりました。ここにはビワの鉢を置いているけれど、テントの照り返しで光をなんとか浴びているようです。
窓辺

西向きの窓は、昼近くになると少しお日様が入ってくるので、窓際に並べている植物たちも、数時間だけは元気に見えます。この時期には必ずつぼみの上がるクンシランが、今年も元気なつぼみを伸ばし始めました。これは四季咲き性なので、次はいつ開花するのでしょうか。
クンシラン

お昼を食べに行こうと外に出ると、あまりのまぶしさに目がくらみました。このところずっと引き籠もっているので、体がモヤシになりそうです〜(>_<) 町角にあるわずかな常緑樹にも、やはり目が反応してしまいます。私が未だに眼鏡いらずにいられるのは、いつも緑を見てるからでしょう〜とよく言われるけれど、冬の間はほとんどモニターしか見ていないのですがねぇ。
青空

数少ない常緑広葉樹であるエゾシャクナゲの葉が、少し緩んで来たようです。恐らく二日前の冷え込みの時には、鉛筆くらいに固く巻いて、寒さと乾燥から身を守っていたはずです。日差しを浴びるとこの時期でも光合成をするそうなので、葉を少し広げているのかもしれません。
エゾシャクナゲ

再び凍り付いてツルツル滑る歩道を歩いていると、ハトが4羽うずくまっていました。ひもじくてうずくまっているのか、満腹になっているのかよく分からないけれど、ゴミあさりする訳でもなし、どうやって食べているのでしょうか。それにしても、全然逃げようとしないのは人慣れし過ぎでは…(^^;)
ハト

昨日も元気におか田のうどんを食べて帰り道、また青空を背景に常緑樹が目に飛び込んできました。あんまりピーカンなので黒ずんで写ってますが、私の目にはちゃんと緑色に写ってます。しっかりと緑色を焼き付けておき、午後からの仕事に備えておきました。
トウヒ

今日もこれから大荒れとの予報。どうなることでしょう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM