新社屋

  • 2018.12.28 Friday
  • 05:57
年の瀬も押し詰まり、道路がかなり混み混みになっています。今年はまだ雪が少ないからいいけれど、2年前のドカ雪の時には、市内の車輌交通はほとんどマヒしていたことを思い出します。「年の瀬」だからといって、チコちゃんが言ってたように借金取りに追われることはないけれど、仕事のケリは付けなければなりません。手稲の仕事は、地域の公園と街路樹を管理している業務の中に含まれているので、成果品を届けに行って来ました。半月前に新社屋が完成したばかりと聞いていたけれど、思わず場所を間違ったかと思うほどの素晴らしさ。
新社屋

カラス張りのロビーには、たくさんの観葉植物が植えられているので、寒気が当たらないよう、間隔をたっぷり空けた風除室が設置されていました。
玄関

先日見てきたデパート内のベンジャミンも管理している会社なので、ベンジャミンが好きなんでしょうか。ちょっと寒そうなので心配でしたが。
ベンジャミン

ロビーには、たくさんのお祝いが飾られていました。新社屋の完成もあったけれど、先日会社創立110周年を盛大にお祝いしたばかりなので、そちらへのお祝いもあるのでしょうか。さすが道内を代表する造園会社だけあります。
お祝い

ロビーの壁には、カセット式の緑化ウォールがありました。そんなに人の出入りがある場所ではないのに、ここまで飾る余裕がさすがです。本州では大流行だけれど、北国でどこまで維持できるか、試験的な意味合いもあるのでしょう。
壁面緑化

2階に上がろうとしたら、初代の銅像が。85周年の時に作られたものだそうですが、旧社屋にはこれの置き場所はなかったから、ようやく日の目を見たようです。
初代

この初代は、中島公園内にかつて存在した岡田花園で修行し、そこを独立して現在の会社を興した方です。北海道の造園界を牽引し続けてきた会社だけに、いつも懐の深さを感じながら、私も滝野公園や北3条広場などあちこちで世話になってきました。こんな素晴らしい社屋を建てるほどなので、これからも業界のためにがんばってほしいです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM