知事公館

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 05:47
先週自転車をしまおうとして、出張中に雪が積もってしまいました。ようやく融けたので、しまう前に最後のお出かけをと、お昼にうどん屋に行きついでに、知事公館に寄ってきました。ここは30日の金曜日で閉園になってしまいます。村橋久成の胸像には、ノムラモミジの葉っぱが、ワッペンのようにくっついていました。これは、ビール園かファクトリーに建てた方がよかったのに。
残響

ちょうど冬囲いの作業をやっていましたが、建物のファサードを観察するには、葉の落ちたこの時期が一番でしょう。公館自体は、冬季間も平日には公開されていますが、ずいぶん寒かったような・・・
知事公館

館内には入らず、建物の左の木戸から庭園に入ると、芝生の上に雪の塊が点々と。先日雪が積もったときに、誰かがせっせと雪だるまを作って遊んだのでしょう。安田 侃さんの「意心帰」にはカバーが掛けられていましたが、フォルムはそのままなので、まねて作ったのかもしれません。
芝生広場

大きなカラマツの前には、今年亡くなられた流 政之さんの「サキモリ」が一対置かれています。2000年と2002年の製作だけど、設置されたのは2005年となっているので、どんな経緯があったのでしょうか?
サキモリ

常緑広葉樹の大きな木があるので、なんだろうと近寄ってみたら、ツルマサキの大木でした。自分では立てないものだから、ほかの木にしがみついてなんとか4mくらいまでよじ登り、宿主に遠慮してその高さから枝を広げたみたいです。こんな樹形とこれだけの枝張りは珍しいです。
ツルマサキ

その奥にはユリノキの大木がありました。上の方にはたくさんの果実がまだくっついているけれど、松笠のようにぼとりとは落ちないで、種子が少しずつ剥がれて、遠くに飛んでいくようです。赤丸の中にとんがっているのが、果実の真ん中の軸です。
ユリノキ

ここは本来キムクシメムと呼ばれた湧水地帯なので、ハルニレを主体とした樹林だったはずですが、本州以南からの移入種や外来種、園芸種など、実に様々な樹木が植えられています。庭園内部はほとんどがこのような樹種になっており、自生種は北側西側のほんの一部に限られています。真ん中あたりにある高みには、ブナかな?と思って近づいてみると、ケヤキでした。ケヤキもハルニレの親戚なので、このような立派な根張りを持っていて、絶対に風倒しないでがんばれそうです。
ケヤキ

冬囲いされた低木から、白い実がぶらぶらと風に揺れていました。俗にシラタマノキと呼ばれて困るのですが、正しくはセッコウボク(雪晃木)(Symphoricarpos albus)です。英名が Snowberry なので、こちらの方がピンと来やすいでしょう。あんまりあちこちに植えられてはおりませんが、地味ながら風情のある低木です。こんなところにも植えられていたなんて、全然気がつきませんでした。
スノーベリー

この暖かさも数日で終わり、週の後半からはまた寒気が入ってきそうです。週末からもう12月なので、そろそろどかんとやってきそうです〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM