お花畑は今

  • 2018.11.25 Sunday
  • 05:56
昨日もこの時期恒例の、高山植物保護ネットによる、『お花畑は今 2018』の市民フォーラムがありました。クラーク会館で昼食を取り、北に向かって歩いて行くと、スカッと晴れた青空をバックに、古河講堂が格好よく輝いていました。いい場所に建てたものだと、いつも思ってしまいます。
古河講堂

旧昆虫学・養蚕学教室裏にある、多分構内で一番大きなハルニレは、9月の台風で右側の枝がかなりやられていました。こういうのは葉が落ちないと分からないものです。樹勢はまだしっかりしているので、また枝を吹いてくれることを期待したいです。
ハルニレ

構内にはアカナラがたくさん植えられており、一番最後まで葉っぱが残っていましたが、この雪で一斉に落ち始めました。茶色の葉なので、あまり美しくはありませんが、雪の上にかわいいシルエットを残していました。
アカナラの落ち葉

このフォーラムは、講演と若手研究者による研究事例発表会があるのですが、目玉には梅沢さんによる花旅の紹介があります。このため広い教室が、毎年埋まるほどの盛況になります。
高山植物保護ネットワーク

梅沢さんはいつも早く来るので、先日ようやく購入した新版の『北海道の草花』に、サインをしてもらいました。この「うめしゅん」がないと、やっぱりさまにならないですからねぇ。この本の情報量はものすごいけれど、完全にAPG体系に準拠しているので、なかなか使いこなせません。本当に大変です…(>_<)
うめしゅんサイン

今回のブータンとネパールの旅では、体力などと相談して、とうとうデジカメに切り替えたのだそうです。大きさも重さも半分くらいになって、とても楽になったけれど、いろいろとまだ使いこなせなくて大変だったとか。
デジカメ

たくさんのメコノプシスが登場した中で、初めて見つけたのがこのマナスルエンシス種だそうです。マナスルの山麓のある一角だけに咲いており、首尾よく見つけたものの、図鑑に載っている姿とは全然違っていて、本当かなぁ?と困惑している姿でしょうか?こんな色のメコノプシスもあるのですねぇ。
メコノプシス・マナスルエンシス

本邦初公開の植物が、この赤く色付くレウム(セイタカダイオウ)(Rheum nobile)です。高山の冷気や強風から花を守るために、白い苞葉が暖かくテントを作るので、温室植物とも呼ばれます。今回の旅で、赤く色付いているものが4株あったそう。標高5,000mにチャレンジしての収穫ですが、ヒマラヤ通いはまだまだ続くのかなぁ…
赤いレウム
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM