北国のガーデナー交流会

  • 2018.11.24 Saturday
  • 06:09
昨日はこの時期恒例、Brains による『北国のガーデナー交流会』。会場は毎度‘かでる2・7’なので、7丁目でバスを降りて向かいましたが、道路はいきなりツルツルになり、とても危険な状態になっていました。
アイスバーン

午前中は、各地のガーデンやオープンガーデン巡りの報告と、ブレインズのチャリティなどの報告と提案がありました。毎度感心するのは、全道にこれだけ素晴らしいガーデンが存在し、しかも年々グレードアップしていること。ブレインズが果たした横のネットワークづくりが実を結んでいることが実感されました。3.11ガーデンチャリティでは、今回の胆振東部地震の被災地に対して、球根植えなど新たな取り組みを始めることが報告されました。
ガーデン巡り

蒸留器を持っていて、ハーブやコニファーなどを蒸留し、いろんな芳香水を作っている方もいて、会場にも回って来ました。それぞれが、様々な植物の楽しみ方を見つけられていることが、北海道のガーデン界の厚みになっていると感じます。
芳香水

会場を飾る花は、今年はちょっと小振りになりましたが、相変わらずセンスのいいアレンジメントです。毎度作っているのは Britta の乾さんで、現在百合が原公園で開催されているクリスマスディスプレイ展も担当されています。12月2日までですのでお早めに。
花

午後からは、まずチェルシーフラワーショウに挑戦している柏倉君と佐藤さんからの報告が。十勝ではかなり大きく取り上げられているようですが、日本からは、今までガーデン界の大御所が入るくらいの狭き門に、基盤も資金もない二人が果敢にチャレンジし、現在最終審査待ちのところまで来ています。これが通れば画期的ですが、実際にチェルシーに造りあげるまでには、まだまだたくさんの試練も待ち受けています。ブレインズ挙げての支援を続けていかなければ。
チェルシー

二つ目の講演は、3年連続で住友化学園芸の草間さんのお話。今回は趣向を変えて、大学を出てから二年間アメリカで修行してきた時の話から。私もその頃はあんなことやっていたなぁ…と、しみじみ思い出しながら聞いてしまいました。若い時に果敢にチャレンジすることの大切さを、今回は改めて実感した会でした。
草間さん

懇親会は、いつものガーデンパレスのレストラン。最近定着した和服のあゆ・まゆコンビによる司会で始められました。交流会の参加人数はかなり減少気味だけれど、懇親会は毎度大盛況。今年は天候不順や台風被害、地震にブラックアウトなど、散々な年ではありましたが、最後にいいニュースが聞けて、気持ちも明るく来季を迎えられそうです〜
あゆまゆコンビ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM