花壇審査

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 05:57
昨日はJRで函館に移動。そこそこ満席で、外人客もかなり復活している印象がありました。途中登別や洞爺でかなり降りるので、やはり温泉には根強い人気があるのでしょうか。苫小牧あたりはピーカンに晴れ渡り、まだまだ冬景色にはほど遠いのですが、樽前山のてっぺんにだけ、うっすらと雪が積もっていました。
樽前山

仕事は、函館駅前に設けられている花壇修景の、プロポーザルの審査です。ここの花壇は7年前から始まり、その時は市内から5社の応募があり、審査はなかなか大変でした。選ばれた業者さんが熱心に取り組んでくれたおかげで、とても殺風景だった駅前広場が、花いっぱいの空間に変わったのです。
駅前花壇

3年前、新幹線の開業に合わせてさらにグレードアップを図ろうと、再度プロポーザルをかけたところ、東京から有名な業者さんの応募があり、緊張する審査の結果、引き続き地元の業者に決定した経緯がありました。地元業者と組んでいたとはいえ、海に近い環境で長期間の花修景をするという条件の理解度が、かなり欠けていると判断されたのです。
もりもり

審査会場は十字街の角にある、市の企業局が入るビルでした。駅前から市電に乗り、3駅目なのであっという間に到着です。函館の市電や函館バスは、Suicaなど全国のICカードが使えるようになり、とても便利になりました。このビルの前にある操車塔は、かつて人力でポイントの切り替えを行っていた時の名残です。
操車塔

この審査では、毎度審査委員長を仰せつかっているので、緊張の連続です。昨日も、予定の時間を30分以上オーバーする、かなり熱い議論が交わされました。どんな結果になったのかは、来年春のお楽しみです。
審査委員長

審査を終わってホッと一息。すぐ近くにあるかみさんの実家に寄って、ののさんを拝ませていただいてから、先月引っ越してきたばかりの次男のところに送ってもらいました。ゼネコン勤めは転勤が多くて大変で、室蘭の現場が終わると今度は函館となりましたが、なじみのある町だし、現場は二年くらいかかりそうなので、しばらく落ち着いていられそうです。しばらく会っていなかったので、孫1号に人見知りされるかと思ったら、すぐに膝の上に乗っかって乾杯しようと、どんどんビールを勧めてくれました。緊張がほどけて、にやにやのじじに戻ってしまいました〜(笑)
乾杯
コメント
お疲れさまでした、三年はあっという間に過ぎてしまいますね。お孫ちゃんが函館にいらっしゃる間に時々は函館にお出でくださいませ
  • 五日市昌子
  • 2018/11/21 10:22 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM