円山散歩

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 05:56
9月から続いていた嵐のような日程をなんとかこなし、ホッとしたのか朝も大寝坊。ほとんど5時間睡眠で十分なのに、なんと8時間も寝てしまいました。事務所に出勤しても、溜まりに溜まっている事務仕事に追われ、昼過ぎにようやく目途が。ボウボウになっていた髪をカットしようと外に出たところ、とってもいい天気なので、遠回りして円山公園を散歩してから行くことにしました。鳥居前のスクランブル交差点の脇で、ふと足元に「開発桝」を見つけました。ここが国(開発局)の直轄管理の国道5号だったのは、35年前の1983(S58)年までなので、それ以前からここに存在していることになります。
開発桝

事務所の背中合わせにあるマンションの入り口には、両脇にケヤキが4本ずつ植えられています。1本ずつで十分なのに、こんなに植えてどうするの?というレベルの植栽は至るところに見られます。こんなちんちくりんな樹形のケヤキなんか見たくないけれど、あとの3本を切る勇気もないだろうし、罪作りな植栽をするものではありません。
ケヤキ

隣のタワマンの前には、鮮やかに色分けされたベゴニアの花壇が、まだ生き生きしています。天気予報を見ても全然霜が降りる気配がないので、今月一杯この状態を楽しめるかもしれませんね。
ベゴニア

円山公園に北口から入ると、右手の樹陰に岩村通俊(みちとし)像がひっそりと立っています。生きている間も苦難の多かった岩村ですが、銅像になっても、初代はすぐに赤いたすきで出征し、鋳つぶされてしまいました。開道百年を記念して設置された2代目も、誰も気付かない場所にひっそりと置かれて、何を思っているのでしょうか。
岩村像

この辺りには、アカナラとイギリスナラがたくさん植えられており、この時期は巨大なドングリがバラバラと落ちてきます。左の丸みを帯びた葉がイギリスナラ(Quercus robur)で、ミズナラのドングリの何倍もの大きさです。English oak と呼ばれるけれど、イギリスだけでなくヨーロッパ一円に自生があり、common oakや European oak とも呼ばれます。右のずんぐりしたドングリはアカナラ(Quercus rubra)のもので、こちらはアメリカの東部に自生があり、northern red oak と呼ばれます。子供たちが小さい頃、ここでドングリ拾いして家に持ち帰り、翌朝部屋中にドングリ虫が這っていて青ざめたことがあったなぁ…(^^;)
ドングリ

アメリカ領事館の背中のところには、明るい赤松林の下が幼児広場になっており、いつも賑やかな歓声が聞こえます。日本アカマツの赤い肌が、秋の日差しを浴びて輝いていました。
赤松林

北口に向かう園路の左手は、先ほどドングリを拾ったアカナラ並木があり、樹高30mにもなっています。これが本当のアカナラになるのは、まだまだ先のよう。でもあんまり落葉が遅れると、初雪が湿っていると湿雪害を受けて枝折れするので、そろそろ心配になってきます。
アカナラ並木
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM