手稲区最終行事

  • 2018.10.22 Monday
  • 05:58
手稲区の公園の行事が昨日で終わりました。午前中は富丘西公園の保全区域の大掃除。朝から気温が高く、ピーカンに晴れて、保全区域のススキが朝日に輝いていました。
富丘西公園

参加者はいつもの顔ぶれですが、初めての方も二人いて、さっそく刈り取りにかかりました。今年は天候不順が幸いしたのか、ススキの伸びがことのほかよく、背丈を超えるほども伸びているので、株元にもぐり込み、ざくざくと刈り進めていきました。
刈り取り

総勢20数名だけど、着実に刈り進んで、30分ほどで木道に囲まれたエリアの刈り取りが完了。焼き芋がまだ焼けていないというので、さらに外側も刈り取ることにしました。
すっきり

刈りくずをきれいにして、木道の清掃を終えて広場の集積場所に戻ってくると、刈り取った草の山にみなさん、おおっと歓声を上げていました。そこで恒例の記念写真を。この時期には珍しいほど暑くなり、汗だくになっていたので、達成感にあふれていました。
記念写真

そのあとは、維持業者さんが焼いて下さった焼き芋をいただきました。茨城産の紅あずまはほくほくしていて、みなさん大喜び。今年は大雨や地震で2回も順延になったけれど、たくさんの参加をいただいた無事に終わることができました。本当にお疲れ様でした。
焼き芋

午後からは、稲穂ひだまり公園の大掃除。公園内はまだほとんどの木々が緑の葉を着けていて、紅黄葉しているのはヤチダモとツタウルシくらいでした。保全区域に1本あるオオカメノキが、不思議な色の紅葉を見せてくれました。
オオカメノキ

ここの大掃除は、落枝の片付けと、ミズナラやイタヤカエデの稚樹の抜き取りです。参加者は4人だったけれど、うち二人は最初から必ず来てくれている親子。今は少し離れた曙に引っ越しているのに、必ず参加してくれているのです。
抜き取り

みなさんには稚樹の抜き取りをやっていただき、私はツタウルシの抜き取りを。もともとウルシにかぶれたことがなく、この時期なら大丈夫なので、ひたすらバリバリツルを引きはがしていきました。(左) これで保全区域の半分は抜き取れたけれど、ちぎれたところからまた出てくるので、しつこくやっていくしかありません。
収穫

短い時間でしたが、最後の作業も無事に終わりました。地道な作業の積み重ねが、三つの公園の多様な自然を維持しています。来年の花を是非見ていただきたいと思います〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM