クールダウン

  • 2018.10.21 Sunday
  • 06:00
中国の高校生対応が終わって、精神的にも楽になり、バタンキューで爆睡しました。震度5でも起きなかったかもしれません。すっきりして出掛けようとしたら、ようやく朝日が差し込んできて、部屋の中がパアッと明るくなり、目の前の小春桜の紅葉が目に飛び込んできました。台風でかなり葉っぱが吹き飛ばされたけれど、しっかり秋の風情を楽しめてよかった。
我が家の紅葉

日曜の準備は午後からすればよしとして、午前中は心身共にクールダウンしなくてはと、まずは大通高校へ。ハルニレは仮支柱で止めていただけなので、再度竹を挿し直してそれぞれの枝に掛かるようにし、樹皮が傷つかないように麻布で当て物してから結束し直しました。積雪深より高いので、雪折れも心配ないかな。
記念植樹

その足で北大に行き、どうしてもやっておきたい作業をやることに。定例日だけでは追いつかないので、時々「残業」しなければならないのです。朝のうちは雲一つないピーカンの秋晴れで、暑くも寒くもない最高の天気でした。カツラが真っ黄色になり、横のエンゲルマントウヒとのコントラストが鮮やかに。このカツラは、トウヒの足元にあるカツラの生垣の一番端っこの木で、昔からなぜか刈り取られなくそのまま大きくなってました。同じカツラがこんなに違うなんて…)^o^(
圃場

夏に刈り込んだイチイに、真っ赤な実がびっしり。こんなに実が成ると、来年枝が弱ってしまいそう。なんの危機感があったのでしょうか。
オンコの実

作業はバイカウツギの生垣の剪定です。刈り込み生垣ではないので、ていねいに枝抜きをしていかなければならないため、ものすごく手間がかかるのです。どうしても上に徒長枝が伸びてしまうけれど、また切り詰めると同じことになってしまうので、切る位置を変えたり、枝ごと抜いてしまったりと、かなり面倒な剪定をやらなければなりません。結局2時半かけて、ようやく右半分だけなんとか片付けました。もう一度残業しなければならないかなぁ…
着手前 完了

昼過ぎにようやく片付けが終わって帰ろうとしたら、空にはかなりの雲が発生し、青空が見えなくなっていきました。なかなか紅葉しなかったナナカマドもなんとか赤くなり、ハシドイの黄色といいコントラストに。紅黄葉の季節も今月一杯なので、名残の秋を楽しみましょう。
ナナカマド
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM