最後の作業

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 05:53
昨日は、創成川公園の最後の作業指導。前日に気付いたミヤギノハギモドキの花を再度しげしげと見たけれど、二度咲きではなくずっと咲き続けたもののようです。今年はいろんな花の咲き方がおかしくなりました。
ミヤギノハギモドキ

ここのシラハギはちょうど見ごろ。滝野のようにほとんど咲かなかったのに比べて、普通通りに咲くというのも不思議です。
シラハギ

前日のレクチャーの中で、創成川公園には北京植物園のザンシュウインさんが作出した‘四季藍’という品種が植えられていると紹介しました。ここまで案内せずに大通公園に向かってしまったけれど、失敗でした。あと50m歩けばこの時期にも咲く花も見られたのに。
四季藍

狸二条広場には、外国人がたくさん集まって、情報交換したり土産物の整理をしていました。二条市場にもたくさんの人が途切れなく入っており、ようやく観光客も戻ってきたようです。
二条市場

私の作業指導も、今年はこれが最終回。前回やり残した所まで移動し、南に移動しながらライラックのムダ枝取りを進めていきました。これいるかい?落としてもいいよね?などとみんなで相談しながら、賑やかに作業を進めていました。
ライラック剪定

這性ビャクシンも、根が落ち着いてくると枝がどんどん伸びて来るので、芯を抜きながら枝数を増やしていきます。初めの頃のポヤポヤの株が、よくもこんなに密になったものだと思います。
芽摘み

人数は少なかったけれど、狸二条広場の南の区画もすべて手を入れて、200本のライラックの手入れを完了しました。あとは品種名のないライラックが20本近くあるので、みなさんにやってもらうことに。広場に戻っていくと、すっきりした樹形のハルニレと、真っ赤に紅葉したチシマザクラ、黄色く色付いてきたイタヤカエデが広場を彩っています。整備して8年が経過し、年月を経た姿にしばし見とれてしまいました。
狸二条広場

これからもボランティアのみなさんの力が不可欠なので、来年もまたよろしくお願いいたします〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM