コスモスフェスタ終了

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 05:56
昨日は滝野公園。朝方は雨降りでしたが、滝野に向かう頃にはまぶしい秋晴れになり、気温も16℃近くもありました。東口の花壇では、ヒマワリの‘サンフィニティ’が、花はかなり小さくなったものの、まだまだ咲き続けていました。まだつぼみが残っているので、この分でいくと霜が降りるまで咲き続けてくれそうです。
ウェルカム花壇

コスモスフェスタが8日で終わり、畑ではさっそく抜き取りが始まっていました。まだまだいい感じに咲いているけれど、チューリップを植え込む準備をしなければならないので、待ったなしで作業を進める必要があるのです。もりもり咲いているダリアを横目にこもれびの庭にいくと、ひっそりとシモバシラ(Keiskea japonica)の花が。シソ科の多年草で、茎が枯れても根から水を送り続けるので、寒い日には茎から大きな霜柱ができるのでこの名前があるけれど、ここに見に来る頃には融けてしまっているでしょう…(^^;)
シモバシラ

昨日はボランティアの作業日。いつもの力強いメンバーが、レンゲショウマの植床作りに励んでくれました。鱒見口近くの群生地は、今後は管理のレベルを落としていかなければならないため、少しでも見栄えのよいこもれびの庭に移植しています。今年は30株持ってくる予定です。
植穴掘り

山草エリアの手入れや、メコノプシスへの灌水設備の撤収、エリア内の除草なども着々と進め、最後に昨年から進めているササ刈りをやりました。もう一年がんばれば、ここからササをなくすことができそうです。
ササ刈り

午後からは、今年最後の園内チェックを。今年はいろんなことがありすぎて、あっという間にシーズンが終わった感じです。体調不良もあったし、あれもやれなかったなぁ…とか、いろんな思いが去来しながら中央口に降りていきました。今年は一度も上がっていなかった、中央口休憩所の屋上にも上がってみました。なんか単調だなぁ…昔の方がよかったなぁ…と、ちょっと溜息。管理費がますます削減されるのだから、昔の方式の方が絶対に向いていると思います。
中央口

屋上から降りて正面に回ると、ナツヅタが真っ赤に色付いていました。ここは植えますが小さいので、早く色付くのです。一面に覆い尽くすようになれば、なかなか見応えのある景観になりそうです。
ツタの紅葉

水の広場の滝回りは、やはり植えますが厳しい環境のため、真っ先に紅葉が進んできます。節電が終わったので、水の勢いも通常に戻り、一足早く秋を楽しむことができる空間になっていました。コスモスが終わっても、まだまだ見どころはありますよ〜
水の広場
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM