ピーカン十勝

  • 2018.10.05 Friday
  • 05:55
十勝は昨日も快晴でした。十勝ヒルズの現場も今年はこれが最終日。半月前に来たばかりだけど、夜温が急速に下がっているので、一気に秋めいて感じます。手前のフリーマニーカエデはまだちらちらと赤くなっている程度なのに、ショップ前の木はもう真っ赤っか。みんなが熱心に写真を撮していました。
フリーマニー

ポタジェから園内のチェックを始め、メインアプローチにやってくると、アスター類が秋らしい風景を作っていました。ここは手入れが行き届かないので、高茎草本で植えつぶし、メドゥ風の草原景観にしていく予定でしたが、最初に植えたアスターだけでも十分なくらいでした。来年はもっと種数が増えていく予定です。
アスター

同じカエデ類でも、ギンカエデはだんだん色が抜けて白葉化していき、それにチラッと赤味が入る独特の秋化粧になっていきます。メグスリノキはまだほんの赤くなった程度で、今月一杯様々な紅葉が園内で楽しめます。
ギンカエデ

昼食は四分分度でとろろ蕎麦をいただきましたが、ちと盛りが少なく、さすがの私でも大盛りにしておけばよかった…と後悔しましたが、とろろの粘りで夕方まで乗り切りました。
とろろ蕎麦

午後からは、エントランスのシラカンバの化粧直し。枝がもさもさ繁っているため、シラカンバらしさがなく、もう少しすっきり幹を見せる必要があります。意外と大きな木なので、二段ばしごを持ってきてもらい、汗だくになって枝を払ってやりました。スカイミラーのシラカンバが倒れてしまったので、しばらくこの木で代役を務めてもらいましょう。
剪定前 剪定後

ハシゴを片付けてスカイミラーに行って見ると、うーーん、シラカンバがなくても気にならなくなったなぁ。変にちんけな木を植えるより、なくても気にならないか…という感じです。それにしても3列目に試験的に植えた‘ミスティック・スパイヤーズブルー’の紫の濃いこと。来年は手前の2列をこれにして、より一層引き立つ景観にしていこうと思います。
スカイミラー

ローズでは着々と冬囲いの準備が進んでいました。人手が少なくなっているため、花が途切れたのを見計らって、順次作業を進めて行く必要があるのです。来年はもう少し遅くまで秋バラを咲かせる予定なので、日程のせめぎ合いになりそうですが。
バラ

一回りしてヴィーズのところに戻ってきたら、窓の目の前にあるマルス‘プロフュージョン’に真っ赤なリンゴが鈴生りになっていました。滅茶苦茶な剪定されて崩れていた樹形を、少しずつ直してきて、ようやく昨年くらいからたくさん実が成ってきました。お客さんにも大好評なので、嬉しくなります。
プロフュージョン

週末の台風が気になりますが、15日までが今シーズンの営業で、それ以降10月末日までは無料公開期間になります。晴れた日には、とても気持ちよく園内を散策できますので、ぜひお越し下さい〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM