現地学習3日目

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 06:00
4時台の盤渓はまだ真っ暗だけど、峠を越えると南西の空にぽっかりと満月が。陰暦17日なので、立ち待ち月になり、ほんのわずかに右下が欠けています。こんな月を眺めながら、スクワットをやっている人もいないでしょうね…(^^;)

集中講義も3日目。学生さん達も疲労の色が濃くなっているけれど、食いつきもよくなっているので、加減を調節しながら進めています。3日目の現地学習は、構内を出て札駅周辺を歩いてきました。正門前のメアリーさんのハルニレの足元が、以前環境研の名物教授だったOさんからの提言で、舗装を剥いで芝生に変えたことを教えると、なぁるほどと感心してました。
メリーさんのハルニレ

でも正門寄りの木には大きな穴が空いているので、手を伸ばしてストロボで写してみると、見事にがらんどうになっていました。ここまでひどいと、危険木だと切られてしまうかもしれませんねぇ…
がらんどう

エルプラザの角に植えられているハルニレは、私たちを待っていたかのように無残な姿を晒していました。今の植木屋は、こんなへたくそな剪定しかできないのでしょうかねぇ…悲しくなってしまいます。
ハルニレ

北8条通を回って、隣のタワマン前に来てまたびっくり。こちらのハルニレはもっとガジガジに切り詰められているし、前に列植されているアカエゾマツは、葉が残らないほど無残に切り詰められています。どんな緑を期待してこんな樹種選定をしたのか、配植をしたのかも問題ですが、町のど真ん中でこんな恥ずかしい姿を晒すのは止めてほしいものです。
タワマン前

エスタ屋上の「空のガーデ」ンに来ると、もやもやした気持ちが少し晴れてきました。心地よい風にグラス類がさわさわとなびいているし、三尺バーベナが風に揺れてかわいい動きをしていました。こちらの方が「風のガーデン」にふさわしいといつも思ってしまいます。
空のガーデン

チ・カ・ホや駅前通を見ながら北3条広場に入り、せっかくなので三井ビルの展望テラスまで上ってきました。珍しく何のイベントも行われておらず、植えますがはっきり分かってよかったです。四時半近くなると風も冷たくなり、薄暗くなってくると、ベンチに座る人も少なくなるのですねぇ。
イチョウ並木

赤れんが庁舎前で解散し、バス停に向かう途中、グランドホテルのライ麦パンを買って帰ろうとロビーに入ると、中央のアレンジメントはパンパスグラスを中心に、すっかり秋色になっていました。朝晩の冷え込みが日一日強まっていくので、短い秋を楽しまなくては。
パンパスグラス
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM