1979年の日記

  • 2018.09.13 Thursday
  • 06:00
今回階段の下の物置を片付けて、不要本と書かれた段ボール箱が出てきました。中身は北杜夫の本が10数冊、農学部の講義の資料などでしたが、その中に一冊のノートがあり、開けてびっくり。私が豊平公園の緑のセンターにいた1979年の日記です。臨時職員として勤め始めたのが2月10日くらいだったけれど、この日記には3月26日から11月2日まで7ヶ月分が書かれていました。
日記

書かれているのは、展示室の模様替えとか、○○を植えたとか、園内の開花状況とかセンター内の作業記録に、○○と××に飲みに行ったとか、コンサートや芝居、映画なども書かれています。まだ26歳なので、○○の結婚式というのもたくさんありました。3月3日のオープン以降、ものすごい来園者で仕事はてんてこ舞い。事務仕事や作業だけでなく、相談員や講習会もかなりやっていました。図書の購入や整理、リバーサルフィルムでの植物写真の撮影も守備範囲です。そんな時に新たなメンバーに加わったのが工藤さんでした、5月10日のことです。今と全く変わらず、本当によく動いてくれるので、温室のことはほとんど任せることができたし、なにより植物好きがいるのは心強かった。そして7月14日、今でもよく覚えていますが、市の担当係長で先輩でもあるHさんがセンターにやって来ました。当時の私はこんな顔だったのです。
ひげ面

その頃には既に道新の園芸欄の連載をしていたし、園芸ガイドや北国の園芸にも書いていて、講習会にもよく引っ張り出されていました。その上HBCのパック2にも定期的に出ていたのに、この髪このヒゲのまんまだったのです。Hさんは、あんたの実力は評価するし、自由に生きたい気持ちはよく分かるけれど、試験官の中にはそんなことは考慮しないで簡単に×を点ける人がいっぱいいるんだ。とにかくまずは採用試験に合格してくれないといけないので、頼むからヒゲを剃ってくれという話だったのです。7月16日「ヒゲ切る。」とだけ書いてありました。7月22日に運命の公務員試験。その二日後に、東側のテラスの前にリボン花壇を作って、アクセントに北大で作っていたローズアカシアのスタンダードを植えていました。
花壇

9月3日には性格検査、身体検査があったけれど、前日が誕生日だったので、しっかり飲みに行ってました。そして9月5日面接試験。「一次面接 やや堅くなる。二次面接 ヒゲのことをしつこく聞かれる。疲れた。」と書かれていました。あの局長は、よほどヒゲを苦々しく思っていたのでしょう。それでも試験はバッチリだったし、ヒゲを剃って面接試験も受けたのだから、またまた仕事に没頭する日々が続いていました。10月7日から8日には、定山渓に観楓会に行ってます。あの8人のメンバーは、年が離れているのに本当に仲がよく、楽しく充実した日々を過ごしていました。
  観楓会

そして運命の11月1日。ただ「不合格!」とだけ書かれています。なんと健康診断の最低血圧が、基準を1ミリオーバーしただけでの不合格だと分かり、その時には心の中で「しまった…」と思ってました、前日に飲み過ぎていたからです… すぐに精密検査に行かされて2日間詳しく調べたけれど、どこにも問題はなく、あなたは生まれつきの本態性高血圧のようなので、特に問題はありませんねぇ…とのこと。喜んでいいのか悲しんでいいのか、不思議な気分になりました。

日記は11月2日で終わり、あとは白紙になっています。私の運命が決まった半年間の記録を読み返してみると、その後の40年のスタートラインとも言える時間だったんだなぁと納得もできました。でもびっくりしたなぁ…
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM