ホソバウンラン

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 05:39
信号待ちをしている間は、なんとなく周りを見回していますが、街路樹ますや中央分離帯が近くに見えると、やはり何が生えているのか覗き込んでしまいます。先日白石駅に向かって走っていて、中央署の近くの分離帯にホソバウンランが咲いていました。どこからタネが飛んできたんだろうな?と思ってしまいます。
分離帯

ホソバウンラン(Linaria vulgaris)は、ユーラシアに広く自生し、我が国には明治から大正にかけて、園芸植物として導入されたようです。かつてはゴマノハグサ科でしたが、現在はオオバコ科。繁殖力が強いので、道内でもかなり広範囲に帰化しており、全道各地で見られるはずです。この写真は、土曜日に北大の圃場で撮したもので、学生の頃から圃場内に蔓延していたので、真っ先に名前を覚えた植物の一つでした。ここから家にいろいろ植物をもってきたので、我が家の庭にもあちこちで咲いています。
園2圃場

元々のウンランは、海岸に生えるなよなよとした植物で、茎は全く立たなくて、地面を這っています。これは釧路の恋問海岸で2013年9月29日に撮したもので、海岸草原ではもうほとんど花が見られない中に、よく目立つ黄色い花が見られました。
ウンラン

先日来、近くの病院に通っていたので、その脇に大きなホソバウンランの塊を見つけてびっくり。ラベンダーの株を飲み込むように大きく繁り、無数の花を咲かせているのです。冬には地上部は枯れてしまうので、毎年の生長量は相当なものでしょう。
病院裏

でもこの丈夫さに合わせ、長い花期を保つし、無数の花はよく目立つので、夏の間に軽く刈り込んでやれば、十分園芸植物として通用しそうです。
花のアップ

この写真は、ホソバウンランのファイルに入っていたもので、花の特徴からすればキバナウンランではなく、やっぱりホソバウンランだけど、どこで撮したものだか全く記憶がありません。こんなにきれいな花で、しっかりした茎があれば、十分花壇でも利用できるでしょう。これは2002年7月6日に撮されたもので、手帳を見ると土曜日で、朝一番に滝野公園に行き、昼前に当時勤めていて東区の会社に出社して仕事をしていました。滝野公園で撮したファイルにも入っていないし、う〜ん謎だなぁ…?
園芸化?
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM