雨の風のガーデン

  • 2018.08.26 Sunday
  • 06:06
昨日は札幌商工会議所の、ガーデニングマイスターに対するスキルアップ研修バスツアー。今年はなかなか行きにくい富良野方面のガーデン(風のガーデンとふらのジャム園)を目指しました。札幌は朝から土砂降り。雨天決行で集合場所の時計台裏に行ったところ、キャンセルは1名だけとのこと。みなさんの熱意のほどが窺えます。道央道岩見沢SAでのトイレタイムでは、いつも素通りして見ていなかったハイウェイガーデンを見学。こんな雨なので誰も外にはおりませんでした。
岩見沢SA

ここは上野ファームが監修なので、上野さんらしい色使いが随所に見られます。樹木系はカラーリーフだし、草花の色使いがパキッとしてきれいでした。
上野ファーム監修

雨脚は途中で強くなったり弱くなったりで、ガーデンを見て歩けるのかと心配になるほどでしたが、新富良野プリンスホテルに近づくに連れて、やや小やみになってきました。合羽に長靴を用意している方も結構いたけれど、普通の雨具で大丈夫かと恐る恐るガーデンに入りました。園路のチップが入れられたばかりで、足元がぬかるまなかったので、それほど難儀はしなかった様子。
風のガーデン

雨がかなり小降りになったので、行けるうちにと「薔薇の庭」と「野の花の散歩道」の方に降りていきました。遠目に見ても、結構バラの花がた咲いているのが分かりました。
薔薇の庭

ローズヒップはまだあまり色付いておらず、むしろポイントにたくさん植えられているカンボクが、たくさんの実を鈴なりに付けているのが印象的。真っ赤からオレンジまで幅があり、艶々と光り輝いて本当に見事でした。
カンボク

食事の時間が決まっているため、雨が小止みなのをいいことに、再びガーデンに戻って、建物を一つずつ見ていくことに。グリーンハウスへの階段では、チップがかなり流されており、朝方に相当の雨が降ったようです。
チップ園路

白鳥夫人の押し花工房では、とっても素敵な押し花が飾られているけれど、小屋の中ではかなりの雨漏りが。どんな屋根なんだろうと外に出てみると、土屋根に草を生やしていました。勾配がかなり緩い屋根なので、シート防水のすき間から逆流しているのでしょう。作品にも雨だれが落ちているので、何だかもったいない。
押し花工房

なんとかガーデン巡りを終えて、ホテルまで戻ってくると、入り口脇にエアスプレーが設置されていました。私たち長靴組はもちろん、みなさんも靴をきれいにして、ホテルの食事会場に入ることができて何より。毎日長靴履くことばかりなので、こんなのが家にあるといいなぁ。(つづく)
エアスプレー
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM