白石駅での作業

  • 2018.08.24 Friday
  • 05:51
昨日は白石駅花壇管理のボランティア。また暑くなるのかなぁと白石に向かって走りましたが、少し曇っていて意外と涼しそう。早速花壇の様子を確認に行きました。駅舎から見下ろした、宮城白石との友好広場。宮城のシンボルであるケヤキと、足元にはミヤギノハギを植えてあり、ようやくケヤキが元気になってきました。こじれた手前の木もやがて形が揃ってくるでしょうか。
白石交流広場

北口広場に出てびっくり。こちら側は札幌のシンボルであるハルニレを植えているけれど、半分くらいがニレチュウレンジの食害を受けて丸坊主に。こういう場所では農薬散布も難しいので、様子を見守るしかないけれど、年々被害の程度がひどくなっていくのが心配です。
ハルニレ

北口花壇は相変わらずもりもりとよく育っており、ツルバラなんかどうやって冬前の手入れをすればよいのやら…頭が痛いほどです。
北口花壇

スモークツリーも元気よく育ち、銅葉の方は少し花は咲くようになったものの、枝がまだ暴れてまたワヤになってました。それに対して緑葉の方は成長がおとなしく、花着きも抜群なので、まさにスモークツリー状態に。品種選びが大事だということがよく分かりました。
スモークツリー

地域ネットと三つの作業所から、昨日も14名の参加があり、手際よく花がら摘みや切り戻しを進めて行きました。このようにバツバツ切る作業は、ストレス解消にいいんだとか。
花がら摘み

作業中はずっと薄曇り状態で、少し蒸し蒸ししたものの、そんなに暑くならなくてなによりでした。北口花壇も思い切って切り戻したりして、すっきりと秋を迎えられるようになりました。
北口の作業

高枝切り鋏を持って行ってたので、スモークツリーやツルバラも少し手を入れておきました。銅葉のスモークツリーも、このくらいの大きさで花がたくさん咲いてくれればいいのですが。
剪定後

枝ゴミがたくさんでたので、40リットルのゴミ袋の重さもかなりのもの。北口から南口の駅近くにあるまちづくりハウスまで、ゴミを持って帰らなくてはならないので、重い二つを高枝切りに通してかついでもらったら、楽ちんだし面白いと、わいわい言いながら帰って行きました〜(笑)
えっさほいさ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM