追悼 アレサ・フランクリン

  • 2018.08.18 Saturday
  • 06:01
アレサ・フランクリンが亡くなったというニュースは、覚悟していただけに寂しいものでした。女性ボーカルでは、クィーン・オブ・ブルーズと呼ばれたダイナ・ワシントンに次いで、たくさんのレコードやCDを持っているでしょう。でも一番輝いていたのは、存在を知った80年代だったかもしれません。

朝日記事
 (朝日新聞DIGITALより拝借… m(__)m)

父が有名な教会の牧師であり、母もゴスペル歌手として活躍していたので、自然とその道に入っていったようです。どこまでダイナの影響を受けていたのかは分かりませんが、ダイナが亡くなった1963年12月のすぐあと、追悼アルバムを出しているところを見ると、少なくとも周囲は、その後継者として育てたかったのかもしれません。
ダイナ追悼

それまで所属していたコロムビアレコードから、ジャズやソウルのレコードを活発に出していたアトランティックに移籍し、早速出した「I Never Loved a Man the Way I Love You (邦題:貴方だけを愛して)」(1967)が大ヒットし、一躍クィーン・オブ・ソウルとして人気が爆発しました。
貴方だけを愛して

活躍したのはやはり30歳から40歳代で、ちょうど50歳の時に出した「Queen of Soul: The Atlantic Recordings」という4枚組約100曲入りのCD盤が、いわばアレサのベスト盤で、これ以降はぶくぶくと太り始めたこともあるし、目新しい試みもなく、何枚かCDを持っているけれど、あまり聴くこともありませんでした。

Queen of Soul

ゴスペルがしっかりと身に染みついている歌手は、きっともう出てこないのかもしれません。R&Bの全盛時代をかろうじてかすった私にとって、エスター・フィリップスやアレサ・フランクリンの歌声は、私のソウルに染み込んでいるかけがえのないものとなりました。ただただありがとうと言いたいです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM