田中一村

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 05:50
日曜美術館で、『田中一村』の特集をやっていました。滋賀県にある佐川美術館で、生誕110年の展示会が開かれているのだとか。田中一村(いっそん)は、NHKのディレクターが、名瀬市のダイバーの家で偶然目にした一枚のデッサンによって、その存在が明らかになり、1985年の春に日曜美術館で取りあげられました。私たちもそれを見て、全身を打たれたようになりました。これほどの衝撃を受けた作家は他にはおりません。その後NHKには問合せが殺到し、やむなく日本放送出版協会が、あるだけの資料で急遽まとめたのが、この「NHK日曜美術館 黒潮の系譜 田中一村作品集」だったのです。
作品集

美術書は二人合わせるとかなりの数を持っていますが、こんなに引っ張り出されるものは他にはないでしょう。日本画特有の音のない世界に、知らぬ間に引き込まれてしまうのです。
アダンの木

墨絵の世界かと思いきや、片隅にひっそりと真っ赤なサンタンカが顔を覗かせていたり、計算ずくで描き込んでいるはずだけど、何かの偶然の所産かと思わせてしまう不敵さ。この書にあるように、絵を描くことに全身全霊を傾け続け、本当に厳しい一生を終えた方だったのです。
奄美の杜

今回の放送では、一村がよく顔を出していた魚屋のおばあさんの証言がありました。こんなブダイをよく描いていたのだそう。でも絵に仕上がってみると、ブダイの上には夜香花(ナイトジャスミン)が枝をそっと伸ばしています。この枝一つで、毒々しい魚が静かになってしまったかのよう。
熱帯魚3種

この本には、10年後の1995年10月15日に、旭川美術館に見に行った「田中一村の世界」展や、さらに2004年の5月に大丸であった展覧会にも行った記録が挟まっていました。もう一度くらい本物を見る機会がありそうですが、それまで何度も、この本を引っ張り出すことになりそうです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM