もうろうと作業〜

  • 2018.07.27 Friday
  • 05:49
昨日は白石駅の花壇管理ボランティア。夏風邪で体調は最悪だけど、みんな待っているだろうと思えば、気力を振り絞らなければなりません。信号待ちすると意識がふっと抜けることがあるので、顔を叩きながらなんとかたどり着きました。今年は雨がたっぷり降ったので、植物たちも生き生きしているだろうな、と下見に向かう足取りも軽かったです。いつものように北口から見ていくと、まずはアナベルの花の数や大きさが、半端なく立派で感激。スモークツリーも、銅葉は相変わらず暴れているものの、まずは許容範囲でしょう。
スモークツリー

新駅舎完成から早くも6年が経ち、植えられた木々もしっかりと根を張って、枝葉を伸ばし始めています。ここでは白石の故地である宮城のシンボルであるケヤキを南口広場に、札幌のシンボルでもあるハルニレを北口広場のシンボルツリーとして植えています。すくすくと大きくなっていくのが本当に楽しみです。
緑陰樹

南口の花壇では、当初の生育不良を解消するために、秋に土壌改良材の混和を続けてもう4年。ようやくその効果が現れてきて、北口に劣らない生育ぶりを示してきました。雨の多かった今年の天気も幸いしたものでしょう。
南口

今年春に補植したクレマチスも、花が小さいながら、ちゃんと伸びて来ているのでホッとしました。これなら来年からの生育が楽しみです。
クレマチス

苦労して植え替えたホスタ類も、先月再度間違いを直して植え替えて、ようやく本来の植え方になってくれました。来年は根がしっかり張ってくれるので、地面が見えなくなるくらいになってほしいです。
ホスタ

つるバラの剪定が、花がらだけ取っておしまいになっていたので、改めて切り戻してもらいました。5〜7枚葉を2枚程度着けて、芽の5ミリくらい上で切ってね〜といっても、なかなか思う通りには切れません。みんなにで交代しながら、わいわい盛り上がりながらの作業になっりました。
バラの剪定

こんな暑さの中でも、地元のボランティアや三つの作業所から、16名もの参加があり、作業の方も素早く片付けてくれました。暑い中、毎度の参加本当にご苦労様でした〜
花がら摘み
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM