羊蹄山麓花めぐり

  • 2018.07.12 Thursday
  • 05:51
松前はとっても遠いので、息抜きを兼ねてあちこち見て歩きます。最短距離となると、R230を中山峠から豊浦に抜けて高速に乗るのが一番のはずですが、ただ走るだけではもったいないので、いつも別の道を。喜茂別から真狩、ニセコを経由してR5に入り、蘭越を抜けて黒松内新道から高速に乗ることにしています。今回は私一人だったのでガーデン系とし、まず真狩へ。出る時にメールしておいたのに気付かなかったらしく、ガーデナーSがびっくりして迎えてくれました。玄関先におかれている、かわいくてユニークなプランター?です。
プランター?

このあたりも全く晴れ間がなく、毎日どんよりしているため、植物の生育そのものはとてもいいそう。いつもやや乾き気味のボーダーも、しっとりといい感じになっていました。
宿根ボーダー

ボスが手入れに来ているバラ達は、どうだ!これが本物の姿だ!とでも言いたげに、どぉ〜んと咲き誇っていました。ハイブリッド・ルゴサの ‘F.J.グルーテンドルスト’が、私の背丈よりも大きいのですから、迫力満点です。積雪が半端ないだけに、一応縛ってます〜とのこと。棘だらけの枝なので、かなり大変な作業でしょう…(^^;)
ルゴサ

ガーデンは、現在は非公開なので、ちょっともったいない気もしますが、地元の方にはもう少し見に来ていただきたいようです。目の前の羊蹄山が見えなくても、年々よくなっていくガーデンを見ることができて大満足でした。
ガーデン

真狩から車を走らせて、15分くらいでニセコです。駅前に車を置いて駅舎周りを見に行くと、外国人を含む観光客がいろんな花を見ていました。ここも10数年前から変化を見ているので、いろんな工夫や苦労がよく分かります。
ニセコ駅

Mさんがやっているヌプリは、いつも日曜の移動のため満員御礼であきらめていましたが、先日は月曜だったので比較的空いていました。ミシンを使ったテーブルは、足を置くとカタカタとつい踏んでしまいます。
テーブル

ちょうど婦人画報を見ていたところだと、特集ページに十勝ヒルズのヴィーズが大きく取り上げられていました。次のページが森のガーデンのフラテッロ・ディ・ミクニで、そのあとにも函館大沼 鶴雅リゾート エプイが。レストランメインの記事だけど、これだけ取りあげてもらえると嬉しくなります。ここのお奨めカレーで元気を付けさせてもらいました。
カレー

最近飼い始めた秋田犬が、店の前に繋がれていました。ちょうど近所にいる左側の「弟」が会いに来て、嬉しそうにじゃれ合っていましたが、3年前に予約してようやく手に入ったのだそう。今はものすごいブームになっているため、入手も困難だし、価格も跳ね上がっているそうです。来月にはニセコ駅の『駅長』さんに任命されるので、特注の帽子も作ってくれているとか。看板犬として、ますます人気が出そうですね。
秋田犬
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM