ひたすら作業…

  • 2018.07.08 Sunday
  • 05:59
西日本の豪雨被害はとどまるところを知りません。松山の親戚の話では、ニュースには全然ならないけれど、市内の至る所で浸水被害が発生し、町の中心部に近い城山の麓の自宅周辺でも、床下浸水があったそう。アメダスで見てみると、松山では昨日一昨日の二日間で、なんと314.5mmもの雨が降っていました。それでは小河川でも、すぐにあふれてしまいます。一日も早く平穏な暮らしが戻りますように。

昨日午前中は、北大の圃場整備ボランティア。こんなに雨ばかり降ってくれたので、芝生も生垣も、そしてもちろん雑草も、すくすくと元気に育っています。本来この時期は渇水になってしまうのが普通だけに、こんなことは滅多にないことです。
芝ぼうぼう

花壇に植えたハナケマンソウ(Dicentra formosa)(フォルモーサは‘美しい’)が、隣に植えたイトバハルシャギクに飲み込まれ、かわいそうな状態に… イトバハルシャギク(Coreopsis verticillata)(ウェルティキラータは‘輪生葉の’)のはびこり危険度は相当なものなので、植え場所には気をつけなければなりません。秋に植え替えてやらなくては。
ハナケマンソウ

片隅の木の下にヤマアジサイが一株あります。手入れもされず、被圧されて哀れな状態だったので、少しずつ手をかけてやると、ようやくきれいな花がたくさん咲いてくれるように。手を入れれば入れるだけ、ちゃんと応えてくれるものです。
ヤマアジサイ

昨日は学生実習ではなかったけれど、普段部活で出て来られない3年生と、学内の他の大学院に進学したM1とが参加してくれました。どんな形でも、気にしてくれているのが嬉しいです〜 まだあちこちに残っている、生垣刈りをやってもらいました。
生垣刈り

カツラの高生垣は、刈りづらいので、昨年かなり切り戻したけれど、反動でまたぼうぼうに。こちらはOBのS氏に任せておいたら、きれいに仕上げてくれました。
カツラ生垣

養生中のイボタ生垣の刈り込みや、花壇の除草、芝刈りなど、OBのみなさんが手分けしててきぱきと片付けてくれ、2時間ですっかりきれいに。私は8時からフル回転で作業したので、ちょっとくたびれましたが、こんなにきれいになると嬉しいもの。みなさんお疲れさまでした。
ばっちり

午後からもみじ台に用事があり、東に向かって走っていると、菊水の円形歩道橋で信号待ち。一度この上を歩いてみたいものだとぼんやり眺めていると、足元の植樹帯ではラベンダーが満開になっていました。町中ではもうこんなに咲いているのですね。早くカラッと、ラベンダーが映える陽気にならないかなぁ…
ラベンダー
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM