天気回復

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 05:51
いや〜勝ちましたねぇ!!見るのが怖くて寝てしまおうかと考えていたのに、いきなりのPKでグンと加速してくれました。これでかなり希望が持てるでしょう。みんな格上なので、楽な試合は一つもないけれど、がんばってほしいです。

昨日は午後から、創成川公園のボランティア指導がありました。本当は先週でしたが、一日中雨になる予報だったために前日に中止し、一週間繰り延べました。午前中は会議があったので、午後からの変則に。いつものように北の端から園内に入ると、日差しのまぶしいこと。こんなに気持ちよく晴れたのは何日ぶりだろう。
北端部

ちょうど昼休みの時間だったので、木陰のベンチにはずらりと近くの勤め人が出てきて、みなさん無言でスマホを眺めていました。せっかくこんないい天気なのに、なんか気持ち悪いなぁ…
緑滴る

遅咲きのライラックもみんな終わったかな?と思っていたら、何株か‘メヌエット’(Syringa Villosae Group‘Minuet’)の花が残っていました。久しぶりにこの花を見たように思います。
メヌエット

集合場所の狸二条広場に着くと、ハルニレの植樹2号が元気に枝を伸ばしていたけれど、いらない枝までぼうぼうに伸ばしていたので、少し手入れをしてやりました。この分だと1号も見てこなければならないようです。
ハルニレ2号

変則日程になったので、参加人数は少なかったけれど、ご主人の転勤で今は東京に住んでおり、時々こちらに帰ってきているので、ちょうど参加できました〜なんて懐かしい顔もありました。この時期の作業はライラックの花後剪定。単に花がらを取るだけでは全然ダメで、しっかりした枝が伸びるように、芽のところまで切り戻す必要があります。スタート地点に品種ものではないライラックがあったので、みんなで試し切りをしていただきました。
試し切り

東側は既に「花ガラ取り」剪定をやりかけているというので、西側から作業を進めていきました。いつもと反対回りなので、南1条の交番跡四阿越しに、亀太郎君が鎮座しているのがよく見えました。久しぶりに暖かい日差しを浴びて、彼も気持ちよさそうでした。
亀太郎

みなさんもだんだんペースが上がってきて、「ここはどうすればいいんでしょう?」と、あまり聞いてこなくなりました。それをいいことに1人でどんどん剪定を進めていき、かなりの本数を片付けることができました。ここに植える前の2年間、私一人で200本の剪定を年2回やっていたのですから、随分とがんばっていたものだと思います。
剪定作業

結局2時間の作業で、全体の1/3くらいしか出来ませんでしたが、残りはみんなでがんばりますと力強いお言葉をいただき、作業を終えることにしました。スタート地点の狸二条広場に戻ると、日陰に入ると汗がすっと引く気持ちのよさ。ようやく初夏のよう気になってきたようです。トイレ前の一番姿のいいハルニレも、ずいぶんと大きくなったものだと見上げてしまいました。
ハルニレ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM