球根掘り

  • 2018.06.17 Sunday
  • 05:39
今週は現場続きで体もへろへろ。こういう時は、体を動かしながらクールダウンした方がいいので、北大の圃場で作業してきました。圃場の作業は、芝刈りや除草、生垣刈りなど、ある程度人数がいるとはかどるものは、毎度参加してくれるOBや学生さん達の手で済むのですが、木の剪定や球根の植え替えなど、なかなか人にお願いできないものがあるのです。しばらく球根の植え替えをやっていなかったので、株が衰退し始めているものばかり。まず掘り上げたのはコルチカムです。これはそんなに分球しないので、すんなりと掘り上がりました。
コルチカム

次にやったのが、黄花カタクリ‘パゴダ’の掘り上げです。もう10年以上そのままなので、大小の球根が押しくらまんじゅう状態になっていました。
キバナカタクリ

前回の作業で掘り上げたチューリップが、きれいに乾いていたので、小屋の前に作ったベンチに座ってクリーニングを。チューリップは毎年球根が更新するので、本当は毎年掘り上げた方がいいのですが、とってもそんなことはできません。細かく分球してしまい、かわいそうな状態でした。
クリーニング

私の恩師がチューリップの交雑試験をやっていたので、球根掘りやクリーニングは毎年たっぷりやらされました。こうやって小屋の前で作業していると、40数年前に引き戻されるような不思議な感覚になりました。
小屋の前

30分ほどで2種類の球根のクリーニングが完了。今度は花壇に植えて、ちゃんと修景用に使っていかなくては。
チューリップ

圃場のあちこちに、野生化しているスイセンがあります。これは ‘ファンシィオン(Van Sion)’というスイセンの古典品種で、私にとってはいろんな思いがこもったスイセンです。エリカの中からたくさんの葉が見えているので、エリカを刈り込むと同時にスイセンも掘り出そうと悪戦苦闘。今までほったらかしだったエリカは、刈り上げ状態になってしまいましたが、数年すれば落ち着いてくるでしょう。
作業前 作業後

エリカの下敷きになっていたスイセンを掘り出してみると、なんとバットに4枚もありました。軟白ネギのような哀れな状態で、ほとんど花が咲かないくらいの小球のため、一年肥培してやらなければなりません。これだけあればあちこちに植えられそうです。
ファンシィオン
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM