ようやく日差しが…

  • 2018.06.16 Saturday
  • 06:01
現場行脚が続きます。昨日は森のガーデン。ぐずついた天気もようやく回復し、風は冷たかったものの、まぶしい日差しが降り注ぎました。まず最初に手がけたのは、ミクニのレストラン前に試験植栽の畑を作るので、風除けのネット張りを行いました。ここの畑はガーデンショーの時にはひまわり畑だったのですが、石がごろごろなので除礫(じょれき)し、堆肥を入れて耕耘してもらいました。ここは春先の風当たりが強いので、養生用のネットを張ることにしたのです。天気は回復したものの、風がものすごく強く、あおられながらの作業となりました。
ネット張り

鉄ピンが石に当たって苦戦したものの、なんとかネットを張り終えて一息。ここにいろんなタイプの花を咲かせて、どれがここの環境に合うのか見てみようと考えたのです。気温が低すぎて苗植えは来週以降になりますが、その結果はまたおいおい報告することにしましょう。
試験植栽区完成

作業している横で、ノウサギが群れになって出てきて運動会をしておりました。ウサギたちも天気が回復したのが嬉しかったのでしょう。事務所に戻ろうとレストランの横を下りていくと、芝生の上にノウサギがうずくまってのんびり日向ぼっこ中。私たちに気付いてあわてて逃げていきましたが、こんなにたくさん見られるのなら、十分見どころになりそうです。
ノウサギ

昼に少し時間があったので、ガーデンを見ようと正面から入っていくと、ガーデンショーの時にファーガス・ガレットがプロデュースした花壇では、まだチューリップが見頃で、アリウム‘パープル・センセーション’が存在感を放っていました。
ガレット花壇

花園にある「大雪な庭」の高山植物は、びっくりするくらい元気にたくさんの花が咲いていました。ここを作り直して三年目。一部少し弱っているものもありますが、エゾツツジやチシマキンレイカ、エゾルリソウなどが満開に。こんな素敵な空間になると、苦労しただけにやはり嬉しいものです。
大雪な庭

中でもびっくりしたのが、コマクサがしっかり定着して無数の子株を作り、たくさんの花を咲かせていたことです。滝野公園では全然定着できなくて、植えたものの1/10も生き残っていないので、ホントうらやましいです〜
コマクサ

お昼のメニューは緑丘茶房(りょっきゅうさぼう)でいただきました。またメニューが変わって、少しリーズナブルに。チーズカレーが850円でした。悪天候が続いたので、来園者自体がかなり少なく、カフェもかなり苦戦しています。ぜひたくさんのお客さんに来ていただきたいです。
チーズカレー

食後に園内を一回り。気になっていたメコノプシスの所に行くと、一番手前に植えられているベトニキフォリアが、ものすごくいい生育ぶりをしていました。滝野ではほとんど一年草扱いになり、株の越冬率が悪すぎて栽培をやめてしまっているのに対し、ここでは3年目になってみんな大株になり、たくさんの花茎を伸ばしています。場所に対する適応性の違いなんでしょうね。これは楽しみです。
ベトニキフォリア

午後からはグンネラの植え込みを。北大植物園前にあった大株を移植したものを、滝野に一株分けてもらったのが2年前。その時に余った株が温室の隅っこにおかれているので、分譲願いを出せばもらえるはずと、町長名で書類を出してもらいました。するとすんなり分けていただくことができて、先日運んできたのです。
グンネラ

迎賓館の奥にある、癒しの谷の木製デッキの前に、うるおいの森から流れるせせらぎの水がしみ込む場所があります。その斜面に、ガーデンショーの時に植えられていたオシダ50株を移植し、ヤグルマソウやサラシナショウマなど湿生の植物を集めて、そのシンボルとしてこのグンネラを植え込みました。南米原産の熱帯植物であるグンネラが、はたして上川の山の中で無事に越冬できるのか、挑戦が始まりました。
植栽完了

季節の進行が札幌とは一ヶ月近く遅れる森のガーデンは、これからようやく初夏の花が咲き始めます。しっとりと抜群にいい雰囲気になってきていますので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM