歌旅日記

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 05:45
そういえば、勇造さんの本があったなぁとロフトを探してみると、ありました!『歌旅日記』という本です。出版社は「プガジャ」といわれたプレイガイドジャーナル社で、1981年3月の発行になっています。
歌旅日記表紙

中にしおりのように折り込んだ手紙が挟まれており、勇造さんからの贈呈本だったのです。それで思い出しました。
  手紙

それが挟まれていたのが、真ん中あたりにある日本編の中表紙。この写真を提供したお礼に、送っていただいたものだったのです。勇造さんと一緒にカレーを食べているのは、当時植木屋時代の先輩であるSさん。彼は京都の生まれ育ちで、歳も勇造さんと同じだし、拾得辺りも出没していたので、よく知っていました。(この写真も無事発掘できました。)
中表紙 写真

歌旅日記のその日(1980年9月12日)のページを見てみると、前日に函館から札幌に移動。今はニセコに住んでいる梅本さんのところに泊まり、「昼過ぎ北海道新聞のインタビュー。ちょっとピント外れの記者やさかい、こっちからいっぱいしゃべる。どれだけ記事になるものやら。エルフィンの表で昼飯。ええ雰囲気で食える。カレーの大盛りと生野菜。」とあります。
エルフィン前

『ええ雰囲気』でギターを弾いている31歳の勇造さんを、このように記録できたのはラッキーでした。私は28歳になったばかり。この春に植木屋に入ったものの、一年目は鉛筆もハサミも持つことが許されず、ひたすら土方で穴掘りばかりやっていました。50kgそこそこしかなかったやせっぽちが、半年経った頃には10kg以上太ってムキムキになり、ズボンもシャツも弾けてしまってすべて買い換えたことを思い出します。私とSさんは家がすぐ近所だし、車を持っていなかったので一緒に動くことが多かったのでした。うまく昼にサボって、こんなところで飯を食いながら、勇造さんの歌を聴いていたのです…(^^;)
  勇造さん

まだ独身だし、エルフィンに入りびたっていたので、勇造さんが来るのを聞いて昼を食べに来たのでしょう。(この頃のエルフィンの写真はこちらにも載っています。写真の日付は9月11日になっていたのですが…)この頃は毎年のように勇造さんを呼んでいたので、いろんなチケットが挟まっていました。38年も前のことを、昨日のことのように思い出してしまうものですねぇ。
チケット
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM