恵みの雨

  • 2018.06.09 Saturday
  • 05:54
ようやくまとまった雨が降り、乾ききった大地に恵みの雨となりました。先日植えたばかりのブドウの苗も、これで一息つけたことでしょう。しっかり活着できることを祈りたいです。

昨日も朝から滝野公園。予報では午後から雨だったのに、行く途中から雨がぱらつき始めました。渓流ゾーンの現場なので鱒見口から入っていくと、人っ子一人いなくて静まりかえっている中に、まだ見ごろのレンゲツツジに囲まれて、ヒオウギアヤメが咲き始めていました。
レンゲツツジ

昨日は午後からボランティア作業を予定していたけれど、雨の中ではやりたくないので、午前中に予定を変更。最低限どんな作業ができるか、エリア内をチェックしていくと、思わずなにこれ?とびっくりしたのが、こんな巨大なノビネチドリです。普通の倍くらいのサイズでした。
ノビネチドリ

最近は管理費削減のため、だんだん手がかけられなくなったエリアが増えつつあります。するとたちまちササやフキに覆われて、園路がなくなってしまうのです。さすがにここはまずいと、カマを取りに戻って園路幅を確保しておきましたが、この先どうなることやらです。
刈り取り前 刈り取り後

こんな天気なので、参加人数が少ないだろうと、みなさんが来る前にできるだけ作業をしておくことに。これまでの作業で外来種の除去はかなり進んできたけれど、ヒメジョオンとオオアワダチソウだけはなかなか根絶できません。30分ほどの抜き取りで、たちまち草の山ができました。
外来種

直前の時間変更で参加できなくなった方もいたけれど、毎度参加して下さる方たちが完全武装で参加してくれました。幸い作業中は雨も降らず、予定したエリアを、一つずつしっかりと抜き取ることができました。
抜き取り作業

最後に、毎年カントリーガーデンの中に播いている、カタクリのタネの採取を行いました。こもれびの庭はもう十分すぎるくらいのカタクリが咲くようになり、最近はもっと上の疎林の小径に播いています。ここでもそろそろ花が咲きそうな株が育ってきています。
カタクリのタネ

予報通り、午後からは強い雨が降ったり止んだり。お客さんもほとんどいなかったので、雨の合間にカントリーガーデンの中を一回りしてこようと、ガイドのNさんと出かけました。カントリーハウスの横を歩いていて、石積みの前になにか赤い花がと思って近づいてみると、トドマツの足元にびっしり生えているベニバナイチヤクソウに、びっくりするくらいたくさんの花が咲いていました。こんな密度で咲くことは珍しいです。
ベニバナイチヤクソウ

ようやく雨が降ったので、水分がたっぷりほしいメコノプシスも喜んでいるだろうと行ってみると、何と一番花が咲いていました♪ こんな雨の中、花を見に来ていた女性の三人組も、素晴らしい花の色に大感激。
メコノプシス

私のブログをいつも見ていただいているというので、園内の穴場を2人案内することに。サルメンエビネやギンラン、ジンヨウイチヤクソウ、ギンリョウソウなどは、案内されなければ見つけることはできませんからね。時折強く降る中、あちこちの見どころをご案内することができました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM