子ども映画制作ワークショップ

  • 2012.11.30 Friday
  • 06:54
実は映画に出演しました。
といっても、中学生が制作した映画です。タイトルは『僕らの興味期限切れの夏』。
でも、たかが中学生の作った映画…なんて、とっても言えないほどのいい出来なんです。
新聞記事2

この取り組みは、中学生自身が企画、脚本、制作、撮影、編集まで行うという画期的なもので、NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌が全面的にバックアップしています。昨年から地域コミュニティとのコラボでの制作を始め、昨年は発寒を舞台にした『命の樹』を制作し、好評を博しました。今年は舞台が円山になり、誰か円山に詳しいのはいないかということで、私のところにお鉢が回ってきたのです。なにせNPOの代表は、キノを主催する中島洋さんなので、断るわけにもいかなかったのです…(彼とは伝説の飲み屋「エルフィンランド」の開店以来、40年近いつきあいなので…)
4月22日に最初の説明会があり、その時に円山の歴史や特徴に関するレクチャーと、旧円山市場辺りからずっと円山公園内を、実際に歩きながらイメージを固めてもらったのです。

その後はすっかり映画のことを忘れていたのですが、夏近くにYOから電話があり、公園内を舞台にするんだが、どうしてもうまく繋がらないので、レクチャーの時のような感じで出演してくれないかというのです。背景に使われるだけだし、アップにもならないので、まぁいいかと引き受けた次第。
撮影自体は、中学生の母親や弟妹のちびっ子エキストラ相手に、なんだかまじめそうなレクチャーをやって、2時間ほどで終了しました。撮影されているという感じすらしなかったです。
カツラ
(こんな感じでいいというので引き受けたのですが… ランドスケープシンポのミニツアーで 2010.10.2)

先日、完成のお披露目となる上映会が近代美術館の講堂であり、さっそく見てきましたが、とてもいい出来でした。私も結構向こうの方でうろちょろ出ています〜
カバー1

この映画は、今後いろんなところで上映されることになるでしょう。ちなみに明日は函館でやるそうです。札幌では、旧厚生年金の中にある北の映像ミュージアムでも見ることができるそうです。そのほか、UHBでも放映することになったというので、分かったらお知らせします。
子供たちにはもちろんのこと、私にとってもいい思い出になる映画となりました♪
カバー2
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM