IFLA Awards 受賞!

  • 2018.05.26 Saturday
  • 06:03
世界の造園家・ランドスケープアーキテクトが加盟するIFLA(イフラ)(国際造園家連盟)は、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中東、アジア・パシフィックの5つの地域に分かれて活動しています。昨年北彩都ガーデンが最優秀賞をいただいたのは、アジア・パシフィック支部の表彰でしたが、今年はアフリカ・アジアパシフィック、中東の3つの地域が合同で審査し、その表彰者が公開されました。そこでなんと、高野ランドスケーププランニングの作品が2つも受賞したとの連絡をいただきました。
受賞

部門は8つに分かれており、「野生生物、生物多様性、生息環境の改善や創出」部門では、『十勝千年の森』が最優秀賞を受賞しました。これはいかにも!という感じがしました。
千年の森

もう一つ、「社会と地域の健康」部門で、『大雪森のガーデン』が、やはり最優秀賞を受賞したのです。国内の賞はいろいろといただいておりますが、やはり国際的な機関からの賞は、数段価値が違いますからね。
森のガーデン

でもこの部門で、どんなテーマにまとめて応募したのか聞いてみると、「上川では、全体的に沈滞ムードであった地域を、ガーデンを造ることによって誇りを取り戻し、『北海道ガーデンショー』もこんな小さな町で開催した」というようなストーリーだったそうです。あそこを『森の迎賓館』と称し、質の高いガーデンや北海道を代表するレストランがあることから、町にやってきた方に対して、自慢しながら案内できるようになったわけです。
今年のガーデン

全部で110もの受賞作品があるけれど、日本から入賞したのはほんの数件。ひきこもり「日本」は諸外国からも懸念されているそうで… そんな中、果敢に質の高い作品を応募し続ける高野ランドスケープに対して、心より祝福を贈りたいと思います。私もあちこちたくさんの物件のお手伝いをしており、心を引き締めてがんばっていかなければなりません。森のガーデンも、まもなく緑と花に包まれてきますので、ぜひたくさんの来園をお待ち申し上げております〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM