桜を独り占め

  • 2018.05.10 Thursday
  • 05:53
滝野公園では来週も作業があるので、帰りに渓流ゾーンを下見してきました。鱒見口駐車場の一番奥に車を置いたら、目の前のヤチダモに、クマゲラの食痕が。クマゲラはたいていカラマツを掘るのですが、カラマツは外来種なので、これが本来の食性なんでしょう。でもカラマツみたいに柔らかくないので、最近のクマゲラにとっては大変だったのか、舟彫りまでできなかったようで…
クマゲラ食痕

平成の森入り口にあるチシマザクラ。チシマがこんなに大きくなるんだぁと思ってしまうほど、巨大なサイズに成長してきました。しかし、これにはテングス病がかなり付いており、毎年罹病枝を切除しているのですが、今回も三つ残っているのを見つけてしまいました。なかなか完治しないので、樹性の衰えが気になるところです。
チシマザクラ

カタクリがほとんど終わっている中に、シラネアオイの群落が次々と花を咲かせてきました。もう夕方だったのであまりお客さんは来ていませんでしたが、午前中だと賑わっていることでしょう。
シラネアオイ

平成の森には、エゾヤマザクラが群生しているエリアがあります。来週の作業時にはもう散ってしまうのが残念なので、しっかりと見届けようと、しばしこの雰囲気を楽しんでおきました。こんな静かな花見なんて、ものすごくぜいたくです〜
満開のサクラ

つい数日前、濃厚な松前の桜を見てきたばかりなので、なんとも透明感のあるこんな桜も、北海道らしくていいものだと思いました。平日は鱒見口駐車場は無料開放されているので、ぜひ今年最後の花見を堪能して下さい。
独り占め

平成の森には、多分植栽されたオオバナノエンレイソウが少しだけあります。花は大きくて見応えがあるけれど、山の中の滝野公園にはどうも似合いません。花川の防風林では、ちょうど見ごろを迎えていることでしょう。
オオバナノエンレイソウ

あたり一面、小さな株も無数に生えているのがミヤマエンレイソウ。野草にも、場所との相性があるのか、小さな花を横向きに咲かせるこちらの方が、どうしても滝野らしく感じてしまいます。
ミヤマエンレイソウ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM