パークガイドの研修会

  • 2018.04.28 Saturday
  • 05:53
まだ4月なので、冷え込んでもおかしくないのですが、一度暖かさを感じるととても寒く感じます。今朝の盤渓も霜が降りていて、氷点下近くの寒さでした。

昨日は、大通公園で活動しているパークガイドボランティアの研修会。毎年新しく入ってくる方がいるので、その人たちが対象ですが、既に活動している方も復習のためと、いつもたくさん参加されるのです。拠点のあるテレビ塔前に行ってびっくり。こんなにたくさんいると、とても研修にならないよ〜と思ったら、どこかの団体が集合していたのでした…(^^;)
スタート地点

実質15名ほどだったので、ちょうどいいくらいの距離感でスタートしました。やはりハルニレを見ていただかないとと、北大通側に出て豊平館の謂われとかを説明し、そこにあったハルニレの小枝を高枝切り鋏で採取して、花の様子を見ていただきました。花はほぼ終わりかけで、既に果実の肥大が始まっており、みなさんこれが花??って不思議そうに覗き込んでました。
ハルニレ

2丁目のエゾヤマザクラはほぼ満開でした。ソメイヨシノは全国同じクローンなので、どこに行っても同じ花の色や咲き方なのに対し、エゾヤマザクラは木によって花の色も花の付き方も、開花期まで全く違っていて、これはなかなかいい咲き方をしています。
エゾヤマザクラ

研修は来月にもあるので、基本的には彫刻や施設メインで話をしながら、西に向かって歩いて行きましたが、スタートした頃は日が差してそんなに寒くなかったのに、5丁目くらいになるとどんより曇って西風が吹きすさび、メチャ寒くなってきました。ずいぶんうす暗いなぁと話していたら、あとでPM2.5に包まれていたと知ってびっくり。
聖恩碑

予報では最低気温が10℃で、最高気温は11℃になっていました。そんなことあるのかなぁと思っていたけれど、体感気温的にはもっと寒かったなぁ。それでもコブシやエゾヤマザクラの花を見るだけでも、ずいぶん気持ちが和らぎます。この組み合わせは北国では鉄板だなぁと、改めて思いました。
6丁目広場

リラの会が管理する花壇では、既に手入れや植え込みが行われていて、ここだけがしっかりと春の風情。原稿の校正がまだだったなぁと、心の中で冷や汗を流しながら、この花壇の経緯や特徴の説明をしておきました…m(__)m
リラの会の花壇

なんとか時間内に12丁目までたどり着きましたが、マグノリアはまだつぼみのまま。この寒さで縮こまってしまっていたけれど、これから暖かくなるようなので、GWにはこのあたりも賑わってくることでしょう。次回の研修は5月中旬なので、すっかり暖かくなっていることを期待したいです。とんでもない寒さの中、みなさんお疲れさまでした。
忠良さん

教育文化会館の前に満開のサクラが見えたので、終わってから確認に行ってみると、きれいな樹形のソメイヨシノでした。開花宣言が出たばかりでしたが、建物の前はやはり暖かいとみえて、既に八分咲きくらいまで開花していました。いよいよGWに突入するので、あちこちで花見狂想曲が繰り広げられることでしょう。
ソメイヨシノ満開
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM