ハルニレの手入れ

  • 2018.04.15 Sunday
  • 05:56
札幌ハルニレプロジェクトでは、市民ホール前のハルニレからタネを取り、後継樹の苗を作ってきました。一昨年秋から手稲に場所を借りて苗を育てており、ようやく雪が融けたので手入れをしてきました。それでもまだ一部に雪が残っています。
雪融け状況

この場所はちょうど雪の吹き溜まりになってしまうようで、背丈ほどの積雪深だったそう。このためかなり枝が傷んでしまいました。数本は又のところから裂けてしまい、何本かが「提灯畳み」(座屈)状態に曲がっておりました。完全に折れていなければ、なんとか元に戻ってくるでしょう。
枝裂け 提灯畳み

縛っていたなわをはずし、みなさんに剪定していただきました。これらのハルニレをタネから育ててくれた三人は、いつもいつもいろんな作業をやっていただき、本当にありがたいです〜 この時期には無駄な枝をきれいに落としてしまい、早く大きくなるよう主軸の枝に力を集中させることが必要なんです。
剪定

小さな苗は横倒しにして越冬させたので、ていねいに掘り上げていきましたが、地上部に比べて根の量の多いこと。さすが大木に育つハルニレは、根張りが大きいのにびっくりさせられました。
苗の掘り起こし

これもムダ枝を落とし、長すぎる根を切り詰めて植え直していきました。秋までには倍の大きさに育つことでしょう。
植え込み

ここは水がすぐ得られるので、一本ずつしっかりと水極め(みずぎめ)ができます。この時幹をつまんでクイクイッと揺すってやると、根の間に土がしっかりと入ってくれるのです。
水極め

水が引いてから、株回りに再度土寄せをしてできあがりです。4人の約1時間の作業で、約100本のハルニレの手入れが完了しました。
均し

あらためて数を数えてみると、100〜200cmの大苗が39本、30〜50cmの中苗が42本、10cmほどの小苗が8本ありました。何本かは記念植樹に使いますが、残ったものは秋に行われる市の植樹会に提供しようと思います。せっかくの苗木をもっと有効に使いたいものですが、どこかに植えられるところはないでしょうかねぇ。
完成
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM