星置緑地の大掃除

  • 2018.04.13 Friday
  • 05:55
星置緑地のミズバショウは咲いてきたかな?と思いながら、今年も5号線を手稲に向けて走る日々が始まりました。昨日は星置緑地の大掃除。ここがカラスのねぐらになっているため、木道やベンチが糞まみれになってしまうので、見ごろになる前にゴミ拾いと掃除を実施してきています。
糞の汚れ

昨年はポンプが雪の下になっていたので、井戸水のくみ上げがかなり遅れてしまいました。今年は雪が少なく、数日前に稼働を初めていただいたので、水が張られた中にミズバショウがちらほらと開き始めていました。ここ数年、花の数が少ないのが気になっていますが、理由が全く分かりません。花のサイズもずいぶん小さいので、肥料不足では?などの意見もありますが、なんなんでしょう?カラスの糞では肥料にならないのかなぁ?
ミズバショウ

水が張られたので、さっそくエゾサンショウウオがたくさんの卵を産み付けていました。これも親子で採りに来る馬鹿者が毎度いるので、木道近くの卵塊はすぐになくなってしまうことでしょう。
サンショウウオの卵塊

この緑地には、花がやや大きく平開する白花のキクザキイチゲと、ややすぼんで咲く青紫色のキクザキイチゲが見られます。日当たりのいい場所では、たくさんの花が咲いてきていました。
キクザキイチゲ

定時になると、いつものボランティアのみなさんが集まってきました。久しぶりの方、初めての方もいたりして、初回はいつもにぎやかに会話が弾みます。ボランティアだけで全域はできないので、三つあるベンチが置かれた広場をボランティアが担当し、残りの木道部分は業者さんにお願いすることにしました。担当してきたSさんは、4月の異動で本庁勤めとなり、今回が最後のイベントになりました。新人から三年、みなさんにかわいがられていたので、ちょっとしんみり…
挨拶

手すりにもべったりと糞がこびりついているので、洗車ブラシやタワシでごしごしと落としていきます。ねぐらが移動したのはわりと最近なので、本当に困ってしまいます。
手すりの掃除

床材は滑り止めに浅い溝が付いているため、そこに汚れがこびりついてなかなか大変。三つある広場を、みんなで手分けしながらごしごしとこすり続けました。最後はポンプで汲み上げた水で流してもらいます。今年は45分くらいで三つの広場をきれいにすることができました。
床の掃除

すっかりピカピカになったので、気持ちよくミズバショウを楽しんでいただけそうです。今年の自然観察会は、22日(日)の10時から行います。この陽気だとミズバショウは完全に盛りを過ぎ、エゾノリュウキンカが満開で、コジマエンレイソウなどが咲いて来ていることでしょう。保全活動も月に一度のペースで行います。興味のある方はぜひご参加下さい。
ピカピカ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM