十勝ヒルズで初仕事

  • 2018.04.12 Thursday
  • 06:02
昨日は十勝ヒルズへ。建物の陰などにはまだ雪が残っていましたが、芝生や花壇の雪はすっかり消えていました。昨日はどんよりした曇り空だったので、咲き始めたクロッカスは固くつぼみを巻いており、チオノドクサのルキリエ‘アルバ’だけが大きく花を広げていました。
チオノドクサ

回数は減りますが、今年も行くことになったのは、新人のガーデナーが入ったので、その教育をすることが最大の目的です。早速ポタジェにある、エスパリエ仕立てのリンゴの剪定をやってもらいました。これまでは別の担当の縄張りだというので手をつけなかったけれど、何もやらないで枝が暴れ放題になっていたので、昨年から取り上げて剪定を始めたのです。すると昨年初めてリンゴが成り、けっこう人気の場所になりました。
エスパリエ

お昼はヴィーズでいただきました。ここも今年から大きくシステムが変わり、これまでのビュッフェ形式から、コースのランチに。価格もやや高く、最低でも2,800円になりましたが、ランチ利用客は入園料を取らなくする予定なので、そんなに高くなる訳ではありません。
サラダ

コースでは、サラダ、スープ、メインディッシュ、デザートも2〜4っの中からセレクトできるし、なにより変わったのがそれぞれの料理のグレードです。サラダもかなり手が込んでおり、メイン料理もとろけるような牛のほほ肉をいただきましたが、味もさすがビクトルです。今年から園内産のマンガリッツァ豚が使えることもあり、本格的にミシュランを狙っていくのだそうです。
メイン

デザートも本格的。食べるのがもったいないくらいの出来映えだし、味もバッチリでした。ただ欠点は、コースになったために食事に時間がかかること。一時間半はかかってしまうので、現場飯には向きませんでした…(^_^;) 昨日は四分分度が定休日だったのでこちらをいただきましたが、ちょっと焦りました。でも本当に美味しくなったので、食べる価値は十分にあると思います。席数が減っているため、必ず予約を入れておく必要があるでしょう。
デザート

午後からは、果樹を担当する新人にも参加してもらい、昨年から始めているウメの剪定をやってもらいました。かなり太い枝をバッサリと落とすので、初心者にはこわごわの作業でしたが、まずはしっかりした、骨格づくりをやっていかなければなりません。今までほったらかしのブルーベリーも、新しいシュートをどうやって伸ばさせるのか、あっと驚く剪定法を伝授しておきました。
ウメ

この頃から雨がひどくなったので、近くのブタちゃんのところに逃げ込みました。昨年生まれた小ブタちゃんは、一年近くで80kgになり、あと数ヶ月で「出荷」されることになります。今年も次々と生まれてきているので、夏には本格的な養豚場に引っ越していき、ここでは見本的に飼育する形になるそうです。
マンガリッツァ

最後に園内を一回り確認してきました。バラも昨年並みに越冬しているので、今年もたくさんの花を咲かせてくれることでしょう。今はひっそりと静まりかえっていますが、新しいスタッフも加わって、みんな張り切っていますので、今年も十勝ヒルズをよろしくお願いいたします〜
トンボ池
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM