雪融けの上野ファーム

  • 2018.04.07 Saturday
  • 05:53
昨日は上野ファームまで行って来ました。南空知は雪融けが進んでいたけれど、滝川以北はまだまだかなりの雪の山。ここは滝川駅を出たところの根室本線との分岐点あたりですが、背丈を超える雪壁が続いていました。今年の中空知のドカ雪は、特急が進めなくなって雪に埋まるほどでしたからねぇ…
滝川

旭川駅で、上川行きの普通列車に乗り換えて桜岡駅へ。JRで来たのは初めてで、鈍行の旅は短いけれど、国鉄時代の残党であるキハ40に乗れたので、楽しかったです。駅まで上野さんが迎えに来てくれました。
桜岡

大雪森のガーデンは、これまでNPOが指定管理者として運営してきましたが、今月からは観光や地域おこしを担うDMCという枠組みの組織(会社)が(詳しくはこちらを)指定管理を受けて運営することになりました。専属のマネジャーもいなくなって、一体どのような運営になるのか話を聞きたかったのです。まず初めにNAYAcafeで、上野さんと今後の二人の関わり方についてのすりあわせ。その後ガーデナー達がやってきたので、細かくヒアリングしていきながら、春以降どのようにガーデンを運営していこうか話し合いました。
納屋カフェ

お昼には、雪が融け始めたガーデンを上野さんの案内で一回り。スノードロップやエランチス、シクラメン・コウムなどが咲いてきていました。今年の開園は、例年より一週間早い21日だけれど、これらの花はスタッフだけのお楽しみになることでしょう。
スノードロップ

真鍋さんのカタログに、ピンクの花の咲くネコヤナギが載っていて、面白いなと思いましたが、これもやはり開園前に咲いてしまうので、ちょっと使えないかなぁ… 森のガーデンはまだまだ背丈ほどの雪に埋まっているというので、ここならちょうどいいかもしれません。
ネコヤナギ

午後からは新たに運営を担う会社の方達と、役場の担当者が参加して、意見交換を行いました。まだ赴任して間もないし、ガーデンがどんなものなのかも把握できていないので、他の公園やガーデンでの問題点なども踏まえながら、今後の課題について有意義な意見交換を行うことができました。私もこれまでの5年間は植物管理の指導に専念し、技術的なことは教えきったのでそろそろ身を引こうと思っていたのですが、これからはガーデンの運営管理全般に関わりながら、フェードアウトしていくことになりそうです。ガーデンチームは、スタートからがんばってくれたMさんが新たな道へ旅立ち、代わりにショップにいたA君がガーデナーへの転身。このメンバーでがんばりますので、よろしくお願いいたします。
ガーデンチーム

帰りもまた桜岡の駅まで送っていただき、旭川行きの鈍行に乗りました。上野ファームはこの駅から徒歩15分なので、この経路での利用も少なからずいるとのこと。森のガーデンは駅からのアクセスがタクシーしかないのを何とかしてほしいとずっとお願いしてきたけれど、新会社には真っ先にこれを解決してくれないかなぁ…
帰り道
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM