さよなら3月

  • 2018.03.31 Saturday
  • 05:59
閉店したハンズのコピーじゃないけれど、あっという間に3月が終わりました。前の会社に勤めていた時には、年度末は地獄の日々。成果をまとめながら、全道各地で完了検査を渡り歩く、思い出すのも胃が病んできそうな滅茶苦茶な生活をしていました。それに比べれば、実に平穏な気持ちで年度末を迎えることができるようになり、ありがたいことだと思います。今週の暖気のお陰で、札幌は29日に積雪が0になり、町中からはほぼ完全に雪が消えました。こんな春の到来の仕方も、今までに無かったパターンでしょうか。

探していた本の在庫が近くの本屋になく、マルヤマクラスの姉妹店にあるというので、そちらまで行ってきました。もちろん歩道に雪はなく、その代わり冬の間に滑り止めで撒かれた砂の量のすごいこと。昔はこんなに撒かなかったのになぁ。早く一雨降ってすっきりしたいものです。殺風景な外から館内に一歩入ると、花屋さんの花たちが温かく迎えてくれます。先日葉桜だと言われたからではないだろうけれど、新しくシダレザクラの大枝が活けられていました。これは売り物ではないだろうし、ディスプレイにこれだけのことをやる心意気には感心させられました。
シダレザクラ

数日前に新聞のチラシを見て、あれっ?滝野公園がもうチラシをいれてる??と思ってよく見たら、お隣さんでした…(^^;)
TAKONO

以前ある開発計画の中に、樹木葬のエリアを設けようとみんなで検討したことがありました。こんな小綺麗なものではなく、自然林を極力いじらず、その中にうまく収められないかというものです。もう10年以上前のことですが、うまくいけば面白かったのにと思い出してしまいました。
樹木葬

おひとり様用のガーデン葬まで用意される時代なんだと、半ばあきれましたが、我が家もいずれはどうにかしなければならないのに、ただ目を背けているだけですからねぇ。松山と熊本の墓のことも含めて、そろそろ子供たちと相談しなければならないようです。
ガーデン葬
コメント
 東京在住時、桜三昧にそれ程関心が薄かったのですが、当地に来て改めて『ない物ねだり』です。来年こそは皇居『乾通り』の散策に思いを馳せます。
 うずうずしており27日マルヤマクラスで午後より工藤先生のクラスを受講し、バラ苗で満足かな? と思いきやこちらのお花屋さんで桜の枝が目に入り、ご機嫌で購入。レジ上の棚に何とイギリスの紙袋!!(中央左に少し見えますね) 伺いましたら、フランスに続きロンドンのオシャレなデパート『ハーヴェイニコルス』に出店。ご満悦でした。
 樹木葬エリアは同意見です。自然林にこそ安らぎが・・・ スウェーデンの森の墓地(世界遺産)に憧れます。人間の魂は自然の中に還っていくべきだ!!と。
 現在、この町の交流センターでスウェーデンのクラフト展の催事があり、25日現地の方々が来られ積雪の多さにビックリ!! ストックホルムでは積雪が20センチ位よと言われ、でも現在こちらでは雪割の最中です。
  • ライムG
  • 2018/03/31 11:23 AM
ライムGさま

いつもありがとうございます。
こちらに墓を造るのか、悩みますねぇ…
普通の石の墓は造りたくないので、いい感じの樹木葬ができればと思っています。
まだ20年くらいは生きそうなので、それまでに自分で造るしかないかなぁ…(^^;)
  • こまめ
  • 2018/04/01 7:48 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM