春を感じる日

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 05:46
午前中は、中の島の寒地土木研究所で打合せ。コート着なくても全然大丈夫なくらいの暖かさでした。春の訪れは、川の水音から一番感じるかもしれません。朝走っているコースは、ケネウシペッ(現在の琴似川上流)や、その枝川の道路下に管路になっているところを何度も横切るのですが、ここ数日水の音が日増しに大きくなっていくのがよく分かります。この暖気で一気に雪融けが進み始めているようで、精進川も心地よい水音を響かせていました。
精進川

チシマザクラを一通り見ていくと、間違いなく水をたっぷり吸い上げて、花芽がまん丸くふくらんできていました。記録的な速さで桜前線が駆け上っているようなので、花見関係者はきっと大変な思いをすることでしょう。
つぼみ

帰り道、マルヤマクラスに寄ってみました。ちょうど「プランツマンの本格ベランダガーデン」が行われていたのです。昼前なのでまだ2階フロアは静かでしたが、ありました、ありました。
まるくら

自慢の長尺苗や、各種一通りの系統が揃ったバラ苗がメインで、ポット植えの球根や道具類なども。相変わらず地味〜なディスプレイですが、ぶれない強さがイコロの森の特徴なので、この姿勢が多くの人を引き付けるのでしょう。今年は10年目のアニバーサリーなので、いろいろと企画も用意されているようですよ〜
長尺苗

講座は定員一杯で、熱く語る工藤さん手元を、みなさん真剣に見つめておりました。この調子なら、お互い一時間がちょうどいいのかもしれません…(笑)
講座

次回は4月中旬にもう一度バラの講座があり、その後も秋まで続きます。また4月12日から16日には、大通ビッセの1階で、「めぐり市」が行われ、こちらにも出店するそうです。なかなかイコロまで行けない方には、ぜひこちらもご覧になって下さい。(詳しくはこちらから)北玄関脇の花屋さん。サクラはすっかり葉桜になっていたけれど、たくさんの花が春を感じさせてくれました。
花屋の店先

事務所に戻ると道端の雪がどんどん融けて、日当たり側からはほとんど消えていました。玄関脇の全く日が当たらないところに一山残っていた雪を、ザクザクと割って広げておいたら、夕方までにすっかりなくなって気持ちよかったです〜
雪割り
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM