講演 こぼれ話

  • 2018.03.23 Friday
  • 06:00
昨日夕方、ご老人から事務所に電話がありました。北海道新聞の夕刊見て、この方なら長年持ち続けてきた疑問を解決できるはずと、新聞社に無理を言って連絡先を教えてもらったんだそう…(^^;)

お話をうかがうと、茨戸川のほとりで川釣りをするのが趣味で、長年通っているのだけれど、北大ボート部の艇庫を過ぎたところにポプラの大木が並んでいるのが、なんのために植えられたものだか気になって仕方ない。あなたなら知っているのではと思って電話させていただいたとのこと。電話聴きながらGoogleマップで確認すると、どうもここのことのようです。
茨戸湖畔

確かに防風林ではないし、河畔にわざわざ木を植える理由も思い当たらないけれど、さすがに生振(おやふる)の歴史や樹木の由来までは知りませんからねぇ… 「私も80過ぎて先が短いので…」なんておっしゃるものだから、とりあえず連絡先を伺っておいて、調べて見ることにしましょうと電話を切りました。Google Earth で見ても、確かに大きな木が並んでいるように見えます。また宿題ができましたねぇ。
ポプラ並木

あとで夕刊を確認すると、こんな大きくカラー版で紹介されたんだとびっくり。でも、話は札幌における公園等の形成の歴史を話したのであって、ハルニレのことは最後の「こぼれ話」的にしゃべったんだけどなぁ。室内で話しているだけでは絵にならないので、帰り際にハルニレのところで説明したことの方がインパクトがあると考えたのでしょう。ちょっと心外でしたが、ハルニレのことを大きく宣伝してくれたわけですからありがたい話。そろそろハルニレプロジェクトの方も、真剣に取り組んでいかなければなりません。

道新夕刊
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM