ことりっぷ(つづき)

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 06:00
今朝は今年一番の暖かさで、家の辺りでもプラスのままでした。昨日維持管理の業者さんが、前の道路の雪をきれいに片付けてくれたので、道路が広々として気持ちよくなりました。国会が炎上したお陰でこんなに暖かくなったのでしょうか…(^^;) 昼間も予報通りに暖かくなれば、雪融けも一気に進みそうです。

ことりっぷの続きをもう少し。北海道のガーデンには、残念ながら十勝ヒルズは入っていなかったけれど、大雪森のガーデンが入っていました。部分オープンなどを経てきたために、いつからというのがはっきりさせにくいのですが、管理指導が5年経過したので、初期の不具合の修正も終わり、ガーデンとしてはこれからというところ。部分的にリニューアルをかけていかなければならないので、まさに正念場となります。
森のガーデン

ガーデンだけでなく、花カフェの紹介もありました。千歳のMEONガーデンカフェ、上富良野の花七曜、恵庭のきゃろっとがあり、最後に SAPPORO FLOWER & CAFE がありました。すぐ近くなのでこの前はよく通るのですが、いつからカフェができたんだろう?と思っていたら、中はこんなになっていたのですね。今度行ってみなくては。(大通西24丁目のバス停のところです。)
札幌フラワー

実はちょっとショックを受けたページがあります。「行ってみたい花スポット 10選」。トップの国営ひたち海浜公園のネモフィラは、既に世界的な人気を博しているのでいいのですが、その他もなんだかすごいことになっているのです。
ひたち海浜

「とっとり花回廊」とか、フジで有名な「あしかがフラワーパーク」とかは、行ったことはないけれど、どんな所かは知っていました。ところがこの「世羅高原農場」は全くの初耳。チューリップまつり、ひまわりまつり、ダリア祭、大根まつりの期間中だけ開園するのだそう。日本最大級の花絵なんだとか。規模をどんどん大きくしないと差別化できないのでしょうか?それにしても大根まつりってなんだろう?
世羅高原

大分県の山の中にあるという「くじゅう花公園」もちょっとびっくりな規模です。九州は韓国や中国が近いので、こういったど派手な修景がやはり求められるのかなぁ・・と。ほかにもこの手の大規模花壇が目白押し。どかんと集客するには、このような方向に行かざるを得ないのでしょうが、ちょっと考えさせられました。
くじゅう

この後ろには、ターシャ・テューダーの特集ページもあります。実は武市さんとターシャは、どこか被るところがあるとずっと思っていました。同じ号にこのような紹介があるのも面白いかと思います。花スポット巡りには、とてもいい本だと思いますので、ぜひご覧になって下さい。
ターシャ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM